新着Pick
98Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アメリカでもやっている施策ですね。これで予約もUberからできると尚更いいですね。
ワクチンの配達もUBEREatsとか使えば良いのに
ホリエモンの「Uber Eatsで配達すれば」将来の物流開発に向けての示唆が凄すぎます。次の①〜④の対策は、ワクチンに関わらず あらゆる物流に適用できるはずで、MaaSへの組み込みで競争力になりそうです。

①盗難対策、②すり替え、③異物混入
④品質保証、⑤不正追加

ワクチンを例に次の施策例から汎化してみると、必要な要件が洗い出せるでしょうか。

a.活性化に固定設備が必要
b.運搬容易なNo.2液と混ぜてからしか使えない
c.No.2液と混ぜると 品質確認ができる
d.携行冷凍庫の稼働をIoTで把握
e.開け閉めや刺したり照射感化できない容器
f.全数マニフェストチェック(全数ID管理)
g.携行冷凍庫は開け閉めできない
→梱包側に上記施策類を施す案も

①盗難されても迷惑は避けられませんが a.活性化やb.2液がないので流用できない、この様なイメージ

▪️汎化技術 案
i.全数チェック用IDと更新不能ストレージ
ii. アクティベーション (分離)
iii. 運搬要件 遵守監視 (IoT)
iv. 不可逆梱包
v. 品質検知技術
vi. 上記システム全体の複製コストを割に合わせない
短期間でシステム刷新
プロモーションのお金をこういう形で会社として使うのは良いですね