新着Pick
The Wall Street Journal
この1年、非常に活況だった米国の新規株式公開(IPO)市場に変調の兆しが出ている。  足元では、投資家のグロース株離れが鮮明だ。新規上場した企業の多くは、上場直後こそ株価が跳ね上がったものの、最近ではIPO価格を下回って推移している...

この記事は有料会員限定の記事となります。

36Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
IPO市場だけでは語れないことが、とにかく多くなった。

イーロン・マスク氏のビットコイン発言、コロナ禍からの立ち上がり速度の各国の違い(インドの感染爆発、イスラエル、英国などワクチン接種先進国の通常化)、混沌とする政治情勢など、さらに複雑性を増している。

IPO周辺状況が変わらなくても、これまで想定しなかった要因が、時期により変化し、相対的に大きく影響を受けるようになってくる。まさに、「風が吹けば桶屋が儲かる」状態ともいうべきか。
グロース銘柄の調整→IPO銘柄のCompsのマルチプル低下→募集株価減→初値割やIPO中止のサイクルにならないか気になります。
米国では投資家のグロース株離れが鮮明になってきているとのこと。そのうえで、今週のIPOがうまくいくか行かないかに、今後のIPO市場に大きな影響を与える可能性があると考えられているようです。