新着Pick
205Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大企業も中小企業もそれぞれ長所短所がありますので、一概に大企業が良いとは言えないのでは? 大企業では様々な人材と出会ったり刺激的ですが、想定以上のチャンスが来る可能性は低いです。一方、中小企業では幅広い経験を得ることができます。

大切なのは、企業の規模ではなくやりたい事ができる環境なのだと思います。そして、この会社ではこれ以上学ぶ事がないと感じたら、転職のタイミングではないでしょうか。

駆け出しの頃は、望んだ会社に選んでもらえないケース多いです。与えられた環境で貪欲に学び、柔軟性を持って吸収&成長していけば、キャリアの道は開きます。
収益性が伸長している企業の特徴の一つは、ワークエンゲージメントが総じて高い。人材に投資することを続け、挑戦することを求め、成長機会を生み出している。結果的に、新たな価値を創造し、環境変化や顧客ニーズの多様化にも柔軟に応じている。成長実感を自ら直に感じられる企業であれば、辞める理由はないですよね…。リーダー自身が挑戦を楽しんでいる組織は、大変な側面はあるけど…、自身達の"未来"を創ることを他人に任せるな!と言っていることと同意だと思う。"今日の仕事"も大事ですが、"明日の仕事"も同じくらい意識させる組織は、成長機会が溢れていると思う。自分に投資してくれる組織で働くことが一番成長できると思う…。
どこが意外なの?笑 タイトルひどいな。
彼の思考そのものがそうかもしれませんが、アーリーアダプターとレイトマジョリティの間くらいに刺さるちょうど良い答えをいつもしてくれますね。狙ってやってるとは思いますが。