新着Pick
606Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
CNN観てたら、"suicide mission"とおっしゃてて、ちょっとびっくりしました。ここ最近本当に、主要海外メディアで、日本が取り上げられることが多くなっていますね。基本的に「日本の感染と医療逼迫状況、そして、ワクチン接種を完了が人口のたった1%、この状況で五輪を開催できるのか?」というトーンです

ワクチン接種者はマスク無しでOK、という米国CDCの指針が出たような状況
で、ニュースを見た海外の友人から「日本はどうしちゃったの?」という質問が来ます。祖国の落日を感じて悲しくなりますが、自国を客観的に相対的に見ることが必要です

欧米と比較するとずっと少ないですが、彼らが感染を減らしてきている中で、日本は減らせていない、そして、東アジア・オセアニアの先進国の中では、ずっと最悪の状況。最近の国際社会の空気の変化を感じ取る必要があります。「安全安心」かどうかは、自分ではなく、ファクトを基に、他者が判断するものです

「やってみたら、感染者も出なくて、盛り上がって、やってよかったじゃん!となるかもしれない」ということに期待する向きもありますが、けれど「国家の危機管理」というのは、常に最悪の事態を想定して、準備をしないといけないはずです。その意味からすると、現状はかなり厳しいでしょう

・国内外の感染拡大への懸念
選手1.5万人と関係者9万人が、世界中から来て、国内でもスタッフやボランティアなど、大量の人員が動員されます。バブル方式で選手等を外に出さないと言っても、接する国内の人員は、ほぼワクチン未接種です。検査には必ず偽陰性もあります

・国内の医療体制等への負荷
五輪「開催都市契約」24条では、選手だけでなく、チーム、メディア、スポンサー、IOC、各国の組織委員会等、全員に、適切な医療を無料で提供する義務があります。来る人だけでも約10万人。もしそこで、コロナのクラスターでも発生したら、どうなるでしょう。国内の入院待機者よりも五輪参加者を優先させる命の選別を行うのでしょうか?

こうした懸念に対して、理念ではなく、ファクトで応える(これだけの数の十分な病床を確保しているから大丈夫、等)ことが求められてますが、今の医療逼迫の中では、示しようがありません

中止に向けたシュミレーションを行ってはいる、とも聞きますが、最終的にどうなるでしょうか・・。
人気 Picker
まあ三木谷さんはこういう事象に関しては超安全側に振った動きをされるらしいので。冷静になって考えれば海外から観客こないのにそんなに感染リスクが上がるとは思えないんですけど何か嫌なんですかね?
「自殺行為」のくだりは少しジョークめかして発言していますが、終始強い危機感を示しているのは確かです。

CNNインタビュー動画:
https://edition.cnn.com/2021/05/14/business/rakuten-tokyo-olympics-intl-hnk/index.html
東京オリンピックは現状での開催は無理。1年延期を要請すべき。というのも、中国は今年7月1日が共産党100年記念で、来年2月4日から北京冬季オリンピックで、彼らはこれ見よがしに盛大にやるだろうから、このままだと自由民主国家が権威主義国家の敗北したと喧伝されるようなもの。

G7で協調して、東京オリンピックの来年への延期、それをコロナ克服の象徴のイベントにする。その合意を取った上でIOCと交渉すれば延期は可能だと思う。この交渉は菅さんには荷が重いだろうから、安倍さんに任せるのが最善だと思う。
仮に開催しても、開催期間中に関係者ないしは選手に陽性が出て、休止に追い込まれるような気がします。

関係者は中止による経済的損失を計算してるかと思いますが、開催によりリスクが表面化するほうがはるかに高く付くのではないでしょうか。

そして、その発生率はそれなりに高いような。

サッカー女子W杯でオーストラリアがやったように、2032年にブリスベンと共同開催の提案、あるいは2036年を狙いませんか?

今なら優先して開催権もらう権利は主張できると思うので。
海外の人が今回の東京五輪をどう見ているのか、の一例ですが、、、

ここブラジルでは、元々サッカーW杯に比べると五輪そのものに対する注目度が圧倒的に低いので、一般市民レベルでは五輪?今回はどこでやるんだっけ?というのが通常のレベルでした。ただ例年と違うのは、このコロナによって逆に「Olimpíada de Tóquio 2020 - 東京五輪2020」という認知度が上がっているのは確かです。迷走する日本政府と日に日に五輪キャンセルの世論が高まる状況はこちらでも連日報道されており、「混迷を極める五輪、果たしてどうなることやら」という見方がほとんどです。

一方で、今回の五輪・パラリンピックに参加するブラジルの選手、コーチ、そしてメディアなどの関係者らに対するワクチン接種は14日から始まっており、現状五輪参加が決定しているアスリートは総勢223人で、その選手たちに加えて監督・コーチ、メディアなども併せて初回は1800人程度に接種されるようです。ブラジルという決して五輪参加選手が多くない国からでも、それだけの数の関係者が日本へ行くことになるということですね。

ちなみに、国内最大手の放送局グローボの名物スポーツキャスターで、1984年のロサンゼルス五輪からを毎回現地で熱い実況をしてきたマルコス・ウショア氏は、一般枠でワクチンを接種していたようですが、それでも今回の東京五輪は現地へ絶対に行かない!と宣言しています。
すみれさんがリンク貼ってますが、ニュースの原文見ると、共同には、あえてなのかどうなのかは知らないけど、トップスポンサーであるTOYOTAが懸念していると書かれているところはちゃっかり削除されるんだなぁと。

そういうところについつい目がいってしまいます(笑)
オリンピック大会単独がもたらす危険性に対しては、そこまで過敏になる必要はないので、三木谷さんの意見にはちょっと同意しかねます。

問題なのは、オリンピック規模のイベントを認めるために他の規制も緩和したことで総合的に感染拡大が助長されたり、オリンピックが認められる代わりに規制を受け、犠牲になる業界が発生することではないでしょうか。

そもそもオリンピックとは単なるスポーツイベントではなく、卓越性・友愛・尊重を掲げた平和の祭典であることがIOCの公式見解のため、このような状況での開催は理念に反しています。
言うだけなら簡単です。三木谷さんは新経済連盟の代表理事でもあるので影響力を駆使して行動してほしいです。
海外からの観客は来ないし、選手と関係者はバブルで閉じ込められるし。観客はすでにサッカーでも野球でも入れてるし、選手関係者は全員ワクチン接種するし、どこが自殺行為なんだろう?中国企業から出資を受けても危機感ないし、このところ少しズレてるのではないかな。

業績