新着Pick
211Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
人材エージェントとしてベンチャーの採用支援をしていますが、グローバル人材を積極的に受け入れているような企業でも年齢は40歳くらいまでと年齢制限をされているケースが多いです。そういう企業も、実際に一般に公開する求人では年齢制限は記載してないことが大半です。

ここのアドバイスも全て最もだと思いますが、まずは受ける企業が年齢制限をしている企業かどうかの見極め/リサーチをしっかりするのも、40代以上という年齢をポジティブに受け入れ、かつ適正なオファーをしてくれる企業に出会えるポイントにも思いました。
記事の内容は全くその通りだと思いますし、今「ヤバい」状況にある方は是非そうして頂きたいのですが、そうでない方も今からこのような観点でキャリアを考えることが肝要だと感じます。自分のキャリアを決めるのは「会社」ではなく、自分ですよね。会社なんかに握らせない方が良いです。
「自分が活躍したいと思える市場の中で、自分自身にどれくらいの価値があるのか?」といった記事の内容は40代だけの話ではなく、20代にも言えることだと思います。
これを読んで開眼しているようだと相当危険ゾーンにあると思った方が良いいまの鉄則中の鉄則。
加えるなら人脈は過去記事で見た
『誰を知っているかでなく、誰にどれだけ知られているか』
一番大事なことは遠慮せずにしっかり交渉することです。自分もそうでしたが日本人は給与交渉はやましいと遠慮がちな人が多いのですが、自分の対価を決める大事な作業ですので遠慮する必要はありません。

また一度内定が降りたら交渉したぐらいで取り消しにはなりませんし、なるような会社であれば入った後も昇給は期待できないのでしっかり交渉すべきです。

グーグルから内定を得たときに給与明細を出すように言われ、当時は欧州系のタイの現地採用でしたので足元を見られると思い「出す義務はないし関係ないので期待値で決めてほしい」とお願いしたら、ちゃんと入社できました。
年収を下げないために一番大事なのは、「逃げの転職をしない」ということかと思います。今の環境から逃げたくてエイヤで決めると、あまり良いことはありません。むしろドーンと構えている人のところに「貴方に是非来てほしいんだ」というパターンの方が年収アップは見込めます。
長いとこ同じ仕事、環境、会社にいて、緊張感も無くなると成長が止まる=相対的に退化が進む、、
そんなイメージです。世の変化に合わせて成長を志さないと転職は難しくなりそうです。これは年齢関係ないかも。
#転職 #人事部 #採用
随分な煽り記事。40代はハイクラス転職は山ほどあるし、年収が下がることなんて無くて動いただけ上がっていく転職成金も多い。こんな記事の対象になる人はたぶんこれ読みもしないので、誰に向けた記事なんだろう、という。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン