新着Pick
106Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
さらっと書かれてますが、すばらしいことです。
予防接種のレジストリがあることで、
予防効果の追跡もできますし、
有害事象の追跡ができることにより、これまで以上に安全性を確認できるようになります。

どのように実現されるのかなど技術的なところは不明ですが、
COCOAのような不備が生じることなく粛々と進めて実現してもらいたいです。
「(オンラインサイトの)マイナポータルから今回のコロナのワクチンのみならず、かつて打ったいろいろな予防接種のデータも見られるようにする」
今は母子手帳で予防接種の記録を確認していますが、子供の場合は手元にあり、すぐに確認ができますが、自分のものは母に確認して、不明なら母子手帳を見るのですが、すぐに母子手帳が見つからないこともあり困りもの。
マイナンバーカードで管理できると良いですね。
EUで最もデジタル化が進むフィンランドの取材をしましたが、マイナンバーカード(に相当するもの)に過去のワクチン接種記録や処方箋の記録が残り、スマホのアプリから閲覧することができました。今後は、国内外の移動や施設の利用などさまざまな局面で「パスポート」化するものとみられます。関係者は「国民の政府への信頼があってこそ」と強調していました。公立図書館の本の貸し出し(電子書籍の貸し出し配信も可能だとか)記録なども紐付いていて、ここまでは受け入れられないと思いましたが。
ノルウェーのヘルスポータル(オンライン)では自分と子供の医療関連の情報を総括的に管理できるのですが、子供たちのワクチン接種記録は完全なのに、自分のを見ると真っ白。はっきり言って自分自身でも把握していませんし、母子手帳も何処にあるのか知りません(実家の母が管理しているのかな?)。情報が必要な時に、ガサゴソと戸棚をひっくり返さなくていいのはやっぱり便利です。もちろん、国との信頼があればこそとはおもいますが。
こんなことすると、いくらポータル機能(マイナカード自体には情報は載せてない)にしても、システムは万全ではないし、個人情報管理の制約によって、民間のシステムでマイナカードが使えなくなる。

つまり、マイナカードは絶対的に厳格な公の管理下に置かなければならない。

世の中善人ばかりではないので、データを盗もうとする者、データを改竄・捏造する馬鹿者や国民の統制手段にしようする悪人が必ずいる。

だから、こんなことをするのは、反対だ。

厚労省が、国民向けのアンケート調査に、LINEを使ったことは、政府の情報管理が緩いことを示している。
マイナンバーが目的とする税と社会保障だけでは魅力がなく、住民票など行政手続もさほどメリットを感じない。けれど医療や教育の履歴など身近な日常使いがクラウドでできるなら需要は高いはず。期待します。
マイナカードの普及率を上げていく取り組みも必要な気がする。免許証や保険証と統合する取り組みは進んでいると思うけど、あらゆる行政手続きでマイナカード認証が必須となるオペレーションにすると良さそう。
いいですね。ドンドン画一管理でき、便利にして欲しいです。そういえば、マイナンバーカードが個人情報がどうこう言ってる人で、個人情報に価値ありそうな人見たことありませんね
国内用としては非常に嬉しく感じおります。
マイナンバーに全部寄せる、は賛成。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン