新着Pick
721Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「全ての業界の顧客志向の水準を高める」とうたっていたアマゾンは、本気だということですね。

昔のやり方を何十年も変えていない業界は、変革を迫られているという危機意識を持って、先んじて自らを変化させていかないといけないということでしょう。
おもしろいですね。理美容において聞いた事があるのは、保健所に都度申請をしたりという事があるようでして、もしかしたらいろいろと業界再編といった事業のアーキテクトが段階的に変化していくかもしれないですね。新しいサービスとひとつの社会問題化しつつある、やり甲斐はあるのに、なかなか給与体系に反映されない業界もテクノロジーの進歩と共に段階的に変化していくようなビジョンが垣間見えます。一方でこれからどんどん利用者が増えれば増えるほどデータが蓄積されていき、Amazonとしては小売りとAWSの事業が同時に加速度を増し、既存の産業構造をどんどん変えていく構図も見えてきますね。
ついにここまで触手を伸ばしてきたか
以前にも話題になったAmazonのヘアサロン。店舗で儲ける必要がある企業と、店舗は名簿獲得や顧客接点で儲け所は別にある企業と戦い方は全く別に。単純に包み込まれないようどこを尖りとして持ち続けるかは今まで以上に大切ですね。
ヘアサロンのスタイリストさんが、手慣れた様子で自分の髪をセットする様子に関心して使用していた整髪料をヘアサロンで購入したことがありますが、自分でセットしても同じようにならないものだと痛感したことがあります ^^;

前述が長くなりましたが、ヘアサロンで美容関連商品を購入したくなる気持ちが理解できます。
本格的な参入となれば、資本のあるAmazon先生が、低価格で使いやすいサービスと、カットやコミュニケーションのスキルが高い美容師さんに高い報酬を与えることにより、業界再編が巻き起こりそうな。

Amazon先生が狙う業界って、以下の条件が多いです。
①生活インフラ
②働き手の報酬が低水準
③中小零細がメインプレイヤー
※ 住宅産業にも参入されようとしてますし…

資本力と超合理的カルチャーで一気呵成に業界を変えていく。よく言えば、企業でなく「業界」の再生ファンドみたいです。
リアルにも侵食して勝ち組はますます勝ち組になる構図。死角は見当たらない笑
Casperしかりだけど、表向きはヘアサロンとかITに直接関係なく見えるけど、実態はIT企業でテクノロジーをゴリゴリに使うってのが今後増えそう
圧倒的な販売シェアを持つ実店舗ビジネスにサイバー発で、進出しつつ、そこでもテクノロジーを体感してもらう。
脅威ですよね。
「かけ離れた分野の組み合わせ」最近よく見ますね。

こういうITの最先端みたいなのは中国のニュースが先行していることが最近は多かったですが、
さすがAmazonさん。

いつか「日本の美容業界の脅威」になるか。
もしくは日本の美容業界がAmazonさんと提携して、システム借りると、予想される未来は変わってくるかもしれません。
いつか利用してみたい。(UK行くか…) #ワクワク
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
187 兆円

業績