新着Pick
650Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ゲームの「次」を模索してきたDeNA。スポーツ事業がコロナ禍で苦しい中、急遽新たな稼ぎ頭として浮上したのが「ライブ配信」事業です。
立ち上げ期からPocochaを率いる水田さんにお話を伺いました。もともと起業家ということもあり、ビジネスモデルの選び方や赤字を掘れるタイムリミットなど、事業のオーナーとしての強い意識を感じるインタビューでした。
長年新規事業にトライし続けてきたDeNAでついに柱と呼べる事業が
売上250億、利益50億でまたまだ成長余地もある状況
古くはLINE対抗のcomm、キュレーションメディア、EC周辺からは撤退、ショールームやオートモーティブはカーブアウトと、長年取り組みながらもV字回復に成功したスポーツのみだった中でついに
社長も交代して新たなフェーズに突入ですね
Showroomあるのにボコチャやるって凄いよね
DeNAは、ポコチャで可処分精神を狙いにいったということ。

SHOWROOM前田裕二氏いわく、ユーザーは跳ね返りを求めています。
テレビを声を掛けても反応がありませんが、ライブ配信であれば、リスナーのコメントに対してライバーの反応があります。
大きな反応であれば、それは嬉しい。

いま、可処分所得→可処分時間→可処分精神の奪い合いに発展しています。
ポコチャのアイテム課金は、配信を盛り上げられる仕組みにすることで所得よりも精神を獲得しています。

ライブストリーミング事業がゲーム事業を超えるのか、この先が気になります。
凄い伸び率。そして凄い利益率。
中国のライブ配信も半端ない金額動いてますもんね。

ところで、この会社ってガチャの廃課金といい、ライブの廃課金といい、少数の重課金者から稼ぐというやり方は変わらないですよね笑
答えの見えていない段階から共有してほしい、、

という熱量の高いユーザーを巻き込んでの企画の作り方が非常に面白い。会社の仕事も決定事項をただ知らされるよりも、
どれだけ関与できるかでその後のロイヤリティやモチベーションも変わってきます。

サービスやプロダクトを作る機会のシェリング、共創、
ここが熱量の高いユーザーを増やせる強みなのでしょうね。
継続的にここの強みを生かし続ける取り組みにも注目したいです。


> リスナーから「企画を仕上げすぎ」と指摘を受けました。
「即興の対話をしてくれるところが水田の良いとこだと思ってたのに、細かく事前に作り込まれると、最初から決めにかかっているように見える」と。
「もっと雑でも良いから、答えが見えていない段階で共有してほしい」と言われ、自分はユーザーの熱量を取り違えていたと気づきました。
ライブ配信の市場規模の成長ぶりは本当に凄まじい。
まだまだ成長は続きそうですね。国内では17ライブが現状最も大きそうですが、そこにどう挑むか。
ゲーム事業でマーケティング能力は相当磨いているはずなので、十分勝てる可能性はあると思います。
PocochaがDeNAの「次の柱」になる可能性があると。
はい、メモしました📝