新着Pick
460Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
「ISETAN DOOR(イセタンドア) 」についても言及頂いてる!
人気 Picker
個人的には、百貨店にいくのはとても好きなのですが(買えませんが)、業界担当としては、なかなか明るいニュースを書けないのがつらいです。

ただ、コロナ禍中において、どうしても百貨店の紙袋で送りたい、かしこまった買い物がいくつか出てきたりして、改めて百貨店の価値とは何か、を考える機会が増えたように思います。

三越伊勢丹は売上高で見れば業界1位ですが、利益率で見ると圧倒的に低い状態でした。新社長も言っているように、利益を出せる経営へと変えられるか、その兆しが見せられるか、今期のポイントになっていくのではないでしょうか。
前々社長の大西さんの「コト消費」路線は間違ってなかったと今でも思っています。バイヤーが築いてきた世界中のネットワークを生かして、歴史ある百貨店ならではの提案ができるのでは?なんて思っていたのですが、もうそれはないんでしょうか。
これは完全に消費者の意見なので何だけど、個人的には、伊勢丹は伊勢丹で好きだけど、古き良き格調高い三越に戻ってほしいなあ。この前日本橋店に行って心から寂しくなった。応援してます。本当は経営学的にも色々言いたいけれど、まずは本来の原点回帰を期待します。
百貨店にとって「富裕層へどれだけ向き直してもらうか」が鍵になっている。
先日まで銀座三越さんで弊社のブランドで出店していたが、比較的購買意欲のあるお客様が訪れていて営業時間の10時から終業時刻まで店頭が賑わっていた。
また、インバウンドについて、コロナ禍前は、店に立っていると外国語の方が耳にするくらい都心の百貨店には中国やアジアの観光客も多く訪れていたがいまはほぼいない。インバウンドの売り上げが2021年度中にどれだけ戻るかも注目したい。
オンラインで注文し、店で商品を受け取るサービスをもっと増やすべきでしょうね(BOPI : Buy Online, Pickup Instore)。店に受け取りに行くとオンラインでは見つけにくいものが揃っている、という状況が作れればもっと売り上げを伸ばせます。
百貨店にはよく食材を買いに行きますが、それは良品があると信じてのこと。それがなかった時のガッカリ感といったら…
全ての業において、根幹にあるのは「カスタマーの期待値を超えられるか?」ではないかと思います。

百貨店にとってのカスタマーとは?百貨店に来る人の心持ちやシーンは?百貨店はそこにどんな価値(バリュー)を提供して期待値を超えるの?この3つを磨いた時に明るい未来が描ける「ありよう」を、しっかりと創ることではないでしょうか。
三越伊勢丹HD 細谷社長「百貨店のビジネスモデルそのものが傷んでいる」

日本一の百貨店グループの社長の言葉だけに重みが凄いです。


「オンライン」や「富裕層」というキーワードが出てきますが、オンラインは今後のデファクトスタンダードであり、差別化要素にはならないので、ここが百貨店の将来像で必ず触れられるあたりにまだまだ進化の遅れは感じます。

富裕層もヴィトンのような嗜好品ならともかく、「百貨」を扱う百貨店がターゲットを富裕層に限定するのは矛盾するので、これもなんとなくやや違和感。


どちらかと言うと、所得で層を分けるのでなく、1人の中でも身近で済ます買い物とじっくり選ぶ嗜好品系の買い物が混在するのが現代の特徴。
その後者に対して緻密なブランディングやポジショニングが必要かと思います。
バイトの高校生でも10万とかポンと買い物する時代です。


このあたり、ビジネスモデルそのものでなく、ベースとしているビジネス方法論やアプローチのアップデートも百貨店としてすると良いのではないかと感じました。
原点回帰!大事だと思います。
DXは売るチャネルをECにすることではない。百貨店の価値は今も失われたのではないと信じてます。
昔から百貨店外商はありましたが、富裕層をターゲットにしたサービスを充実する観点は重要だと思います。売上増も狙えるでしょうし、百貨店の高級感のブランディングという意味でも重要だと思います。

---
2つ目の鍵になるのが、富裕層への注力だ。
日本は人口減少社会へと転じているものの、コロナ禍においても1000万円を超える所得の人口が増加している。そのため、上質で豊かな生活を求める層のニーズにフォーカスし、顧客一人一人のニーズに応えられる戦略をとると三越伊勢丹は表明している。
バーチャル接客などは全数が分からないとその効果については何とも言えませんが、富裕層向けのサービスや売上追求は良い着眼点かもしれません。
ただ、記事を読んでも今年度黒字化する?というのがよく分かりませんでした。コロナが終われば必然的に客足が戻る?という読みなのでしょうか。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
株式会社三越伊勢丹ホールディングス(みつこしいせたんホールディングス)は、日本の百貨店の純粋持株会社。同社傘下として三越伊勢丹(関東地方の店舗を運営)をはじめとする各地方の百貨店運営会社などを所有している。 ウィキペディア
時価総額
3,256 億円

業績