新着Pick
113Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
個人情報の海外移転よりは、個人情報を保護する技術・仕組み・ルールの不備を問題として捉えたいです。グローバリズムは経済発展には大事な価値観だと思いますので個人情報に限らず海外を目の敵にしたくないですね。海外とはぜひ協調を、そして我々は効率性と健全性のバランスを取りながら、その協調に向けた議論をリードしたい。
この扱いは国の戦略に紐づくため、その国の考え方次第だと思います。
欧州はGDPRの規定されているように、欧州の住民の個人銃砲が欧州域外へ移転されることに関して明確にかつ厳しくきて入れています。

また欧州にありながら面白いのがエストニアです。エストニアは歴史的な経緯もありますが、国がもし亡くなってもデータだけあれが国として成り立たせられるという考えの元、国民のデータは国外のデータセンターに保管されています。これはこれで明確な国の戦略だと思います。

いずれにせよ、国の戦略をどう考えるかだと思いますが、日本では国外にデータを置かないという法律を作る必要があるのでしょうね。今はクラウド業者もGDPRのおかげもあって、クラウドのデータセンターの場所は選べるようになっていますから。

ここもデジタル庁の範疇なんですかね。やること満載、がんばれ!デジタル庁!!
LINEが迅速に対応したのは行政を見て、というより消費者から不信感を持たれないためですね。行政に対して言いたいことはあるでしょう。
"曖昧なルールで指導した側面があり、企業はルールの順守だけでなく、消費者を納得させる丁寧な説明が必要"

個人的には↓そもそも重要なデータの再委託先を把握していないってかなり問題だと思います
"「委託先が無断で再委託する可能性はある」と指摘する。
LINEと統合したZホールディングスの株価だけ爆下がりした責任をメディアも政府もは取ってください。
冗談抜きで、市場に与える影響も政府とメディアの責任であり、関連する企業の裏くらい取った上で情報をリリースすべき。
アプリに限った話ではなく、顧客情報をクラウド管理するあらゆる企業で検証すべき事項と感じます。また、デジタル庁発足で国や自治体の国民IDが統合されると、一人ひとりのデータ価値はより重くなる。海外だから危険、という話ではないと感じますが、自分の情報がどの国のサーバーにあり、どう管理され、どう守られているか。明確な説明が求められる時代になったと言えそうです。
国内利用データを海外に移転しているまたは海外からアクセスできる人気上位アプリ運営企業は
NTTドコモ、ヤフー、スマートニュース、フェイスブック、グーグル、LINE、楽天G、メルカリ、日本マクドナルド
アマゾン、ツイッターは未回答。
これは企業の問題ではなく、ルールの問題です。海外移転をすることそのものに問題があるとは思えないので、アプリ事業者側には何の落ち度もない。問題視するなら曖昧な個人情報保護法です。
個人情報保護は重要だと思う反面で、同じ状態にあるサービスはまだごろごろあると思います。日本はスタートアップ界隈の代謝がよろしくはないと言われる中なので、必要十分な個人情報への保護はやりつつ足かせになりすぎないようなルール整備が重要になってくると感じました。

---
内部監査など情報漏洩対策を取るが、利用者に移転先の国名を示していないケースもあった。日本の個人情報保護のルールは欧州に比べ曖昧な部分が残る。
ネットの時代のビジネスには、国の中の規則だけでは十分でなう事が往往にして出てくる。しかし、そのことを政府にいちいち相談しているのも、ルールにないこともあるだろう。
だからといって 兄をしてもいいといいわけにもいかない。ビジネスのアイデイは実現接させる事こそが生命なのなから。
  最近、個人情報の漏洩がいくつも問題になっている。ネット上でも買い物な度も日常的にできるのだから、漏れる可能性もよくある事だろう。しかし、このこの記事によると結構立派な企業のシステム、サービスの中でも、つい使っている個人情報が国境を超えて、海外にも漏れているようなのだ。
  これは技術的なことというよりは、考え方の問題だろうね。ここに出てくる企業の中には幾つもの一流企業の名前が出てくる。個人情報の扱い方については、EUなどの対応は往往にして考え方、というか、結構しかっりしているように感じる。それは一国ばかりでなく、複数の国のあいだでの懸念、議論が常に行われているかアラではないかと思う事がよくある。
  日本はどうも日本的な常識を超えて考え方に偏りやすい傾向がある、つまる多様性が少ないので、旺盛な、開かれた議論がしにくい傾向がある。そんなこともあるので、個人情報関係の対応は、EUに対応などにも目をつけておくのは悪くないと思う事が多い。
  デジタル関係の企業ではこのような視点から個人情報関係へのたいおうにはアメリカでは、、などではなく充分にEU、また英米カナダ、ふ動くナノの対応を充分位調べておくのがいいと思う。
  この辺の新しい分野の慣行は、広く世界の動向をみること、なにも役所に責任だけではないのかから。それがビジネスの要諦でしょうね。今やビジネスはグローバルなのですから。困った時の代官様頼み、なんてことにないように。