新着Pick
172Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「東南アジアのイスラーム」という本でマレーシアのハラール戦略について論文を執筆しましたが、その際、研究会でエシカル等々の話はずいぶん議論したことを思い出しました。同書はこちら。

『東南アジアのイスラーム』
https://www.amazon.co.jp/dp/4904575202

私は「第Ⅴ部 イスラームとビジネス」のうち「第15章 グローバル・ハラール・マーケットへの挑戦(川端隆史)」を執筆いたしました。下記は東京外国語大学出版会公式サイトでの詳しい案内です。
http://tufsp1.blogspot.com/2012/05/blog-post_02.html
少しずつ広まってきていますね。

「エシカル消費」について、倫理性が優先されてきたという記事です。

「エシカル消費」とか表現するとハードルが高いことをやっている感ありますね。

結局のところ、顧客ニーズがある、ということです。

例えば、内食を購入する際「パックを持参用意して行き、さらに割高で、帰ってから洗い物が残る」は嫌な人が多かった。

現在は「有限な資源を大切にするためだったら、手間を掛けてもよい」というニーズが増えた。

もちろん、倫理性の面で動いている方もいらっしゃれば、シンプルに「いいね」と思い行動する方もいらっしゃる。

では、大量消費、大量廃棄時代の方が倫理面を考えない人かと言えば、そうではありません。

昭和の時代は昭和の時代で、よりよい社会づくりのためには自分が会社のために一生懸命働くこと、結果、大量消費、大量廃棄に繋がっていただけなんだと思います。

一昔前まで、コンビニでおにぎりや弁当の在庫が少ないだけで、お店側はお客様からクレームを受ける上に客数が目に見えて減少していました。

真面目なオーナーほどお客様のために一生懸命在庫を揃えて大量廃棄を出す傾向がありました。

損得だけでは考えていない「お客様のため」という想いまで否定してはいけないな、と思います。

つまり、記事の題目にあるように、昔の方が倫理性を捨てて、損得だけのために動いていた、というわけではなということです。

上記を踏まえて、今後も「エシカル消費」の輪が広がる活動を応援したいと思います。

▼まとめ
・食品ロスやごみ削減に配慮した食べ物を選ぶ、衣類をリユースするなど、私たちにもできることがある
・エシカル消費の輪は、ファッションの世界にも広がっている
・衣類の穴や染み、ほつれなどをカラフルな色糸で繕う欧州伝統の「ダーニング」が話題

今後が楽しみな話題です。