新着Pick

ワクチン国際枠組みに最大7億ドル追加拠出…政府が検討

読売新聞
政府が、新型コロナウイルスワクチンを共同購入・分配する国際的枠組み「COVAX(コバックス)」に最大で7億ドル(761億円)の追加拠出を検討していることが分かった。6月に国際機関「Gavi」とオンライン形式で共催するワ
24Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本は、アメリカが国際保健に背を向けていたトランプ政権のときに先進国でいち早くCOVAXの拠出国となった。しかし、いまや拠出トップはバイデン政権のアメリカ。さらにCOVAXで供給すべきワクチン製造の拠点として期待されていたインドも、自国の感染爆発で、それどころではない。

いま必要なのはワクチンサプライチェーンの強靭化。日本はコールドチェーン支援ですでに保冷施設の供与などおこなっている。世界でワクチンサプライチェーン強靭化を目指すことが、感染の収束、そしてウイルスの変異を止めることにつながる。

日本政府は、6月2日のワクチンサミットを共催し、菅首相と茂木外務大臣が出席予定。世界にワクチンを行き渡らせ、パンデミックの終わりを近づける、日本ならではの多国間主義の在り方を世界に発信する、絶好の機会となるはず。
国際協力への資金の投資は大切なことです。コバックスは途上国へのワクチンの供給に使われます。とはいえ、本当ならワクチンそのものの供給で貢献できるのが最も喜ばれることなので、国産ワクチンの開発が進んでいないことが辛いですね。
国際社会への貢献は大切です。そのことに何ら異論はありません。ただ、ワクチン接種で世界最下位グループにいながら格差是正のための巨額の拠出。日本の「ワクチン敗戦」の悔しさが改めて込み上げてきます。GOTOに未練を持たず、変異株にもっと気をつかい、そして、ワクチンが他国並みに接種できていれば、今の第4波はなかったはずです。
人道的な面からも、新興国を含めて抑制しないといずれ先進国にウイルスが跳ね返るという実利的な面からも、ワクチン外交で新興国を取り込む中国に対抗するという意味からも、自由民主主義国家が協調して取り組む必要のある課題で、GDP自由世界第二位(EUをひとまとまりと見れば第3位)で外国との取引が黒字の我が国は、相応の協力を求められる立場です。我が国に必要なワクチンの数も相応に確保出来たようですし、COVAXのワクチン調達が我が国のワクチン輸入の障害にならない限り、反対する声はさして出ないんじゃないのかな・・・ 声が上がるとすれば既に世界最大級の借金を負った政府が更に国民から借金して賄わざるを得ない点くらいかも。
こうした支援をWHOの機関であるCOVAX経由で行って新興国に見返を求めないのが自由民主国家の優れたところでありますが、WHOに隠然たる影響力を持と噂される中国が自国製のワクチンを自国の支援と明確に分かる形で新興国に配って影響力を確保する傍ら、我が国はあまつさえ貧しくなった国民の使負担でカネを出し、目立たぬ貢献しかできないのがちょっぴり残念な気がしないでもないけれど、武士は食わねど高楊枝。それはそれで貢献するのが先進国としての責務かと (^^;
国産ワクチンを持たない日本の海外支援はCOVAXを通じた資金提供が中心となることから、日本はこれまでに、COVAXに2億ドル(217億円)の拠出を表明しているのに加えて最大で7億ドル(761億円)の追加拠出を検討しているそうです