新着Pick
141Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
素直な疑問なんですが、この手のひら認証が顔認証や静脈認証などの他の生体認証とどの程度正確性が違うのでしょうか。
ちなみにブラジルでは2019年にZaittというブラジルのスタートアップがラテンアメリカで初めてサンパウロ州に無人型スマートコンビニをオープンさせています。生体認証ではなく、専用アプリのQRコードによる入退店と会計、RFIDによる商品管理、さらに24時間営業で無人販売ということで、セキュリティ面が特に懸念されましたが、現在ではサンパウロ州以外にも進出し合計5店舗まで増やしているようです。
ちなみに私はサンパウロ市内に2号店がオープンした際に体験してみましたが、オープンしたでだったこともあり、QRコードで入店できたものの、同じQRコードで会計ができず、退店もできず二重のガラス扉に閉じ込まれ、スタッフに開けてもらうと言う全くオートメーションではない購入体験でしたが改善されているみたいで安心しました^ ^
同時に手相も占えると良い。というのは冗談ですが、指紋でいいのでは?とも思いますね。一方でパスワード認証がそうなったように、生体認証も今後指紋と手というように複数の認証を組み合わせる必要が出てくるかもしれませんね。ジェームスボンドの世界とまではいかなくても、生体認証にも今後ハッキングの危険は増えてくるでしょうから。
手のひら情報までAmazonに登録するのか。。とは思いつつ、コロナ後初の国内出張でNYに行くので、まずは試すか!
手のひらとクレジットカードを紐づけ。
Amazonアカウントは不要(連携は可)なのが良いのかな。

日本だと、Liquidとかが既に実証実験くらいは実施してそうだけど。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
187 兆円

業績