新着Pick
239Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
伊藤忠は今回「利は川下にあり」と表明し、マーケットイン志向に会社を変えたいという意欲が伺えます。また再生エネ戦略もうまく打ち出した印象。

2022年3月期の純利益会社予想額は、三菱商事3800億円、三井物産4600億円に対して伊藤忠5500億円(最高益更新)と頭抜けた印象ですが、数値以上に変化を期待させていると思います。
来期までには現在の「第八」カンパニーに具体的呼称が定まるのではないでしょうか。
商社のキャラについて、鮫の海に囲まれた孤島に宝があった場合の例え話があります。

商事 → 石橋を作って渡る
物産 → ヘリを飛ばす
住商 → 石橋を叩いてぶっ壊す
丸紅 → 商事の石橋を渡る
伊藤忠 → 全員飛び込んで泳ぐ

もちろん商事と物産よりの偏見で当時は笑い話にしか思っていなかったのですが、20年経って思うのは案外今の伊藤忠躍進の真髄をついているなということ。

何が正解か分からない世の中では、秀才タイプよりも度胸のあるクレージーな挑戦者のほうが実りが多いからです。
記事では全く触れられていませんが、伊藤忠は去年の春どこよりも早く原則出社体制に戻して、コロナ禍でも可能な限り通常営業体制しいていましたよ。そうした所とそうしなかった所とでは当然差は出るでしょう。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60531060Y0A610C2TJ2000/
伊藤忠商事の決算発表があり、2021年3月期の連結最終利益が4014億円になったそう。

決算短信はこちらです。
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120210420497029.pdf
同時に中期経営計画も出しています
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120210510409058.pdf
あと、2427億円の特損も計上
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120210510408508.pdf
資源に弱い伊藤忠商事は資源価格が高騰していた時代は、業績はさえなかったのですが、その時代にもともと強いアパレル、食品、生活産業に強烈に力をいれた。岡藤会長の素晴らしいリーダーシップで働き方改革も早くから着手してきた。横並びの資源強化ではなく、独自性のある戦略がこうした結果を及ぼしたのだと思う。これからのファミリーマートにも期待しています。
直接的な言い方は避けますが、柔軟性の違いとリスクテイクの姿勢は大きいと思います。それが合理的に良いとわかっていてもリスクを取れない会社体質や伝統的な体質を変えられず、己の組織を俯瞰もできないとシュリンクするマーケットでは生きていけないですしね。
この時点での順番よりも、
ポストコロナ、これからが見どころの分野と思います。
伊藤忠商事株式会社(いとうちゅうしょうじ、ITOCHU Corporation)は、大阪府大阪市北区と東京都港区に本社を置くみずほグループ(旧第一勧銀グループ)の大手総合商社。日本屈指の巨大総合商社であると共にアジア有数のコングロマリット(異業種複合企業体)でもある。 ウィキペディア
時価総額
5.17 兆円

業績

三菱商事株式会社(みつびししょうじ、英語: Mitsubishi Corporation)は、三菱グループの大手総合商社である。 ウィキペディア
時価総額
5.04 兆円

業績

関連記事一覧
グレタ・トゥーンベリさんら若者が、三菱商事などに抗議。公開質問状も
ハフポスト日本版
579Picks

三菱商事、カナダで「アンモニア製造」を正式発表…CO2を2割削減
読売新聞
81Picks

太陽光発電などの電力 蓄電池で有効活用へ 三菱商事 NTT 九電
NHKニュース
79Picks

上場企業の平均給与ランキング 三菱商事や伊藤忠を抑えて1位になったのは?
ITmedia ビジネスオンライン
65Picks

商社の深層:住友商事に巨額の損失をもたらした石炭火力は伊藤忠も三井物産も丸紅も三菱商事もやっている | 週刊エコノミスト Online
週刊エコノミスト Online
26Picks

迫り来る脱炭素化への潮流 三菱商事とKPMGが探る日本エネルギーの「最適解」
PR: Forbes JAPAN BrandVoice
18Picks

総合力と技術革新で脱炭素社会に挑む 三菱商事のエネルギートランスフォーメーション
PR: Forbes JAPAN BrandVoice
17Picks

三菱商事など、ベトナムで石炭火力建設受注
日本経済新聞
16Picks

ガソリンスタンドにおける“無人コンビニ”事業 TOUCH TO GO、三菱商事エネルギー、タツノ3社が業務提携 ~大型トラックドライバーの「食」をサポート!~
株式会社 TOUCH TO GO
14Picks

三菱商事とマップル、会津若松でモビリティと地域コンテンツ活用の実証実験
財経新聞
8Picks