新着Pick
225Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
WSJはメリンダが2019年10月から離婚専門弁護士に会っていたことを報じています。夫婦の関係を男性は過去の延長で考えがちな一方、女性はステージで考えるのかなあとこの記事を見て、自分を振り返って思います。気をつけないと、と。
https://www.wsj.com/articles/melinda-gates-was-meeting-with-divorce-lawyers-since-2019-to-end-marriage-with-bill-gates-11620579924?mod=itp_wsj&ru=yahoo
企業投資に永年携わっていると共同創業者同士の対立に少なからず立ち会う。なかでも夫婦やカップルによる共同創業。これはきちんとした統計を持ち合わせてはいないが、普通の共同創業よりもかなり高い確率でうまくいかない印象が強い。

この二人は超人的ゆえ同じ次元で語るのが適切かは分からないが、さりとて同じ人間、この読み応えあるニューヨークタイムズ稿の後読感としては上記に通じるものはやはり感じざるを得ない。結局のところ事業上の意見対立とエゴ、それはこの二人の場合でも例外ではないのだろう。

また同時のこの物語は、同族経営企業のゴーイングコンサーンや危機管理の問題も社会に呈示している点でも、非常に興味深い。
原文も読んで違和感を覚えたのは、この財団はビル氏の巨額の富と信頼によって実現しているのに、なぜここまで言えてしまうのだろうということ。

「ビルの隣で話していると、自分の声のありかがわからなくなっていった」とメリンダは書く。「するとますます、私の声は人に届かなくなった」

“I’ve been trying to find my voice as I’ve been speaking next to Bill,” she wrote, “and that can make it hard to be heard.”

メリンダ氏は結婚前はマイクロソフトの1社員であった訳で、財団はメリンダ氏の名を連ねてはいるものの結局はビル氏の財団なので当然のことだと思いました。

財団は今まで通りと言っていますが、財産を分割したあと、おそらく財団も分裂するのではないでしょうか。改めて結婚って何なんだろうと感じざるを得ませんでした。
資産家夫婦の財産問題ほどややこしいものはないと思います。プライベートのことが経営リスクにさえなりうるのでこの辺りも経営者はうまくやらないとですよね。ちなみに私は未婚なので噂で聞くだけでまだよくわかりませんが笑