新着Pick
171Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本稿にもある通り、アメリカではスタートアップのイグジットの9割はM&Aによるものです。
日本社会に対してスタートアップがより大きくポジティブなインパクトを及ぼすためには、起業家やスタートアップの絶対数を増やす必要があると思っていますが、そのためにも、IPOだけでなく、M&Aによるイグジットが増えることが重要だと考えています。

スタートアップの買収事例が増えない要因の一つには、社会における固定観念や風潮があると思います。
こちらは日経新聞の記事ですが、その日経新聞が未だにM&Aのことを「身売り」という時代がかった表現をしたりすることに象徴されるように、日本では会社の売却に対してネガティブな印象を持つ方が少なくありません。

ですが、スタートアップにとっては大企業と合流することで、より事業のインパクトを大きくする機会だという点、経営者や投資家といった人たちにとってはリスクに対するリターンを得る機会だという点、また、会社が売買されることによってスタートアップを取り巻く生態系がより厚みを持つようになるといった点においても、M&Aはもっと積極的な意味合いで捉えられるべきだと思います。

この点、USでスタートアップを買収する主要プレイヤーはスタートアップ出自の会社ですが、日本でもポストIPOスタートアップが増えるにつれて、スタートアップの買収事例も増えてくるのではないかと期待しています。
ー 日本では「上場ゴール」という言葉もあるほど、上場することが社会的ステータスを伴うとされてきた。ただ売却の方が創業から短い時間で資金を手に入れられる。その資金を元手に、再び別のスタートアップを設立しやすいことなどが理由とみられる。ー

マクロでは色々言えますが、ミクロの起業家は実際IPOにしようか売却しようかなど考えながらやっているケースは無くはないが稀、みなただ我武者羅に事業を作っている結果、売却機会が訪れ、悩み決めるということがほとんどでしょう。

また売り手の事情もさることながら買い手の状況もこの数年の大手企業によるオープンイノベーション機運、DX機運も大いに作用している故にこれを論じる上では触れるべきでしょう。
下記NP編集部のTwitterで買収後の企業のPMIを多く担当したり、その後エンジェル投資をされている方の記事も併せて。
そこでコメントしたことだが、起業とその後の成長は違うと思うし、求められる能力も違うと思う。その観点で、シリコンバレーの強さは買収が多いこと、当たり前ということだと思う。大企業が買収するから、起業に得意な人がリターンで報われ、また起業の経験値を高める。一方で、買収して単独ではできなかった投資やインテグレーションをすることで非連続な成長を行うことを大量に大企業側で経験して、そこの経験値も高める。
そういう動きが増えているということは、個人的にはとても良いことだと思う。ただ起業してもIPOに至る確率はかなり低い中で、ようやくM&Aでのエグジットが同じレベルになってきたくらい。もっと増えてほしい。
https://newspicks.com/news/5804622
世界で戦えるメガベンチャー生むためには合従連携が重要。IPOExitの方が投資家が儲かりやすい&上場のハードルが米国に比べて低い構造問題もあるが、そうなっていかないといけない。
私が直接関わりのある経営者だけでもこの1年間に大手とのジョインを決めた会社が2社ありました。

1 自社での上場の可能性もありつつCXO系の採用、コーポレートガバナンスをIPO基準を満たすレベルまで持っていく
労力を考えると大手企業の子会社となってリソース、信用を借りながらIPO目指す。

2 資金調達時に不測の事態が起こり、前のラウンドに参加してくれていた上場企業の子会社となり上場は目指さず2段階で株式を100%売るケース

いずれのケースもオーナー経営者が株式のシェアよりも確実に会社やサービスが成長するための最善策として選んでいることだと思います。

買手の上場企業も自社の顧客基盤に販売できる強いサービスを開発する必要があった場合に時間を買う、開発リソースを本業に集中させるために
CVCを作るなどして積極的に周辺サービスのリサーチを行なっています。

経営者のマインド的にも売却は負けではなく、既存事業の成長を確定させ、自身が次にもっと大きなチャレンジをするためのステップだと捉えるようになってきたので
この流れは続くと考えています。
起業されて事業を軌道に乗せた方はその経験やスキルから、次はもっと大きな価値を生み出そうと思いますよね。経験の先にまた新しい地平線が拡がるのですから。大企業には大きな資本で事業を回すことを、ベンチャーには社会にない新しい価値を生み出す事を、それぞれの役割があるのだから、これで良いと思います。
時価総額数十億程度でIPOしても機関投資家の投資対象にはなりにくいのが現状。結局、個人投資家のマネーゲームになってしまうことが多いので、買収された方がメリットが大きいと思います。
わらしべ起業長者
関連記事一覧
いすゞ北米部門、米自動運転スタートアップ企業Gatikと提携
Reuters
24Picks

アマゾンを脅かす急成長のショッピファイ 豪スタートアップ買収で出品者の流出阻止狙う
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
14Picks

起業家のプレゼン資料にありがちな「5大ミス」。注目スタートアップ直伝、資金調達を成功させる「伝え方」のコツ
Business Insider Japan
11Picks

住宅ローンを革新するスタートアップDivvy Homesが累計500億円を調達
Forbes JAPAN
8Picks

Drone買収から7カ月、Harnessが大幅なアップデートを発表
TechCrunch Japan
5Picks

10代からスタートアップ!?考えるべきこととは?
山陰ラボ | 山陰の不動産情報・活用・企業進出情報を発信
2Picks

「ステップアップは近づいている」伊東純也の活躍ぶりを現地識者が絶賛!「ベルギー・リーグには良すぎる」
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

ニトリHD、18期連続の「増配」を発表し、配当額は 18年で45倍に増加! 2022年2月期は前期比17円増の 「1株あたり140円」、配当利回りは0.6%にアップ! - 配当【増配・減配】最新ニュース!
Diamond Online
2Picks

ジュンテンドー(9835)、「増配」を発表し、配当利回り 1.68%にアップ! 年間配当は1年間で1.5倍に急増、 2021年2月期は前期比5円増の「1株あたり10円」に! - 配当【増配・減配】最新ニュース!
Diamond Online
2Picks

ひな人形幻想的に 勝浦できょうからライトアップ
徳島新聞社
1Pick