新着Pick
570Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コメントの補足を。

通常であれば、航空輸送とコンテナ輸送との間の選択は、時間と費用のトレードオフです。スマホなど小さくて金額の高いもの、ボージョレ・ヌーボーのようにある時間に間に合わなければならないもの、発売直後のゲーム機など欠品を避けなければならないもの、などが飛行機で運ばれることになります。それ以外は出来るだけ費用の低い海上輸送ができないか、模索されます。

ただ、現在はコンテナ輸送のスペースを取るのも難しいため、航空輸送の需要が増えています。特別な時期といえます。これが、コロナ禍が過ぎたときに航空輸送に定着するとは考えにくいです。

コロナ禍が明ければ、港湾労働者やドライバーや受荷主などの勤務状況も平時に戻ります。コンテナ輸送の回転が戻ることでコンテナ輸送も正常化に向かうはずです。その暁には、いまコンテナ輸送から流れている航空貨物への需要は落ち着くだろう、ということです。
オンラインミーティングの有用性が立証された今、旅客事業のビジネス需要はこれまでほどには戻らない。
とすれば、旅客事業以外をどう伸ばすかだが、これまである程度完成されたビジネスモデルだっただけに、人材含めてその準備は整っていなかったのではないか?

彼らが持っている膨大な顧客資産に対し、どれだけ顧客価値の高いサービス提供できるか。
全くの新規事業創出がお題であり、これまでにない企画力と構想力が求められる。
記事にあるように、コスト削減で両社の違いが出ている印象。それは売上が同程度の水準だった7-9月期と1-3月期での、両社の売上・損失の変化や、今期のコスト削減見込みからも伺える点(詳細興味ある方は、下記で分析しているので併せてご参照いただきたい)。
「復活できるか」は短期と長期で悩ましい。短期はもちろんコスト削減を深堀している方が黒字には復活しやすい。一方で、削減しすぎたコストは長期では競争力を下げる可能性もある。
https://newspicks.com/news/5826895
海外路線が戻るかどうかですね。2023年には本当に戻ってくるのでしょうか。
海外出張をしなくてもオンラインでかなり代用できるのがわかったので、海外出張は以前のように戻らないと思います。
そして、海外駐在も減っています。
海外旅行は戻ってくると思いますが、ビジネスと違って客単価が安いのでANAやJALにとって辛いと思います。
アフターコロナは全く別の世界が待っているのではないでしょうか。
全くの蛇足ですがタイトルがANAとJALになっています。今まではJALとANAだったのにかわりましたね。
後半にある通りワクチン次第な気がします。旅行熱はふつふつと盛り上がってきているのでワクチンが浸透しアフターコロナになるとしたら客足は一気に戻るのではないでしょうか、、という期待です。
業態転換、収益の柱を旅客事業以外へ、合併等、企業存続のためのオプションはいくつかあるのだろうが、何をどうするのか?、そのスピード感は?といった部分も含め今後の動向に注目
もともと、航空が変わるべきタイミングだったのだと思います。
ここからの復活が次代を創る。
運ぶ・移動するには、その先もあり
要所要衝での価値交換の広がりがあり、
これらを活用するモデルへ変わっていくのでは。
コロナがあけてもビジネスでの飛行機利用は減っていくと思います。前職で沖縄勤務をしていたときにはことあるごとに本島へ出張していましたが、ニューノーマルの定着した今に鑑みるとテレビ会議で事足りるなと思います。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。

業績

ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英語: ANA HOLDINGS INC.、略称: ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.34 兆円

業績