新着Pick

30代手取り年収500万の人が40代で楽する方法

東洋経済オンライン
最近、個人投資家の間で「FIRE」と言う言葉がはやっている。「Financial Independence, Retire Early」の略語だという。要は、早期にリタイアができるような金融的独立性、すなわち十分な資産額の形成のことだ。「…
962Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「手取り収入の50%で暮らして」「運用利回りを4%」として「ざっと18年目に」「FIRE達成と言っていいだろう」 (@@。
30歳から始めて達成するのは48歳、地球全体の成長率が3%程度ですから日本にいて4%の運用利回りを求めるのはこの程度の元手ではなかなか大変で、実際には50歳をだふぃぶ超えそうですね・・・ せっかく手取り500万円あるのに元気で楽しい盛りを250万円で倹しく暮らして50歳過ぎて早めにリタイアすることが、人生を楽しむ上で良いのかどうか。FIRE出来ればそれはそれで素晴らしいけれど、嫌じゃない仕事を見つけて70歳まで働き続ける方が、安易で楽という人も多いかも。ちなみにFIREできなかった私は、それほど不幸と思わずいまもボチボチ働いてます (^_-)-☆
自分が興味が持てることで、価値を与えられる仕事をし、お金の面で不安にならないためにも、浪費を抑える生活を続けていくことが穏やかに生きていく秘訣だなと個人的には思ってます
日本人が資産形成に興味を持つのはいいことだと思いますが、その理由が'仕事に価値を見出せない'なら意味がない。FIREは素晴らしい価値観ですけど、FIREって言葉が流行ってるのは危険ですよね。
仕事辞めたくてFIRE目指すくらいなら、別の仕事探した方が良い。あくまでも経済的自立ですから。
苦にならない程度で節約して、浪費や無駄を極限まで省くというスタンスでいないと、現状の生活の満足感が損なわれるのでバランスを取ることが重要だと思います。
プロピッカーを務めていただいてもいる山崎元さんのご指摘。
「3つの方法は順に(1)たくさん貯金すること、(2)少額で暮らす方法を身につけること、(3)運用をうまくやること」おっしゃる通り
山崎さんらしい文章でテンポよく楽しく読めますね
あ、明日NHKマイルカップか…亀谷さんの動画見てこよう。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン