新着Pick
67Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
開発エンジンを広げ、ゲームソフト数がWiiUの8倍に。多様なソフト会社に参入させたのはかつてプレステが取った手法。そして人気作の続編も投入。かつてない任天堂の戦略が功を奏しています。
人気 Picker
誰も覚えていないかもしれませんが、発売前の専門家の評価は結構冷ややかでした。過去の成功と失敗の繰り返しを見るにつけ、この会社のチャレンジ力はすごいと思う。
任天堂Switchの累計販売が8459万台に。年内にもWiiの1億163万台を抜く見込み。圧倒的に強い自社IPと開発力を持っているのが大きい。今年はPS5、XBOX共にキラータイトルが不足している。当初の予想を覆して大成功を収めた
据え置きのゲームはスーパーファミコン以降買っていないのでゲームの良し悪しの評価は分からないですが同じ機器が優良ソフト継続的の投入で台数と売り上げを伸ばす素晴らしいですね。

スペックの高い機器の開発と投入という消耗戦ではなく、ゲーム自体の楽しみをしっかりと訴求できているのではないかと思います。
任天堂Switchの販売台数が2022年3月期中に1億台を超え、Wiiの販売台数を抜く見通しとなったとのこと。

コロナが落ち着いた後、どうなるか、気になります。

【任天堂、過去最高益4800億円 巣ごもり需要で前期比85%増】
https://newspicks.com/news/5823950/
任天堂株式会社(にんてんどう、英語: Nintendo Co., Ltd.)は、主に玩具やコンピュータゲームの開発・製造・販売を行う日本の企業。TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
8.44 兆円

業績