新着Pick
150Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本論ではないのだが、IBMは半導体事業を2014年にGFに売却発表(多分翌年とかに完了しているはず、おまけにお金を支払って買い取ってもらう形だった)。でもどうして製造技術の研究開発をしているのかが気になってググったら下記のような記事が。
ただどうやってマネタイズしているのだろう?
https://news.mynavi.jp/article/ibm_semiconductor-1/
https://news.mynavi.jp/article/ibm_semiconductor-2/
https://news.mynavi.jp/article/ibm_semiconductor-3/
2nmって原子20個分の太さ・・・・すごい。。。そろそろ技術が物理的限界に近づいている気も。

・・・ですが、この「何nm」ってメーカーによってまちまちで、IBMの2nmは実際は3.5nmくらいかも、という記事も:
https://wccftech.com/ibm-unveils-the-worlds-first-2nm-technology-with-nanosheets-but-dont-let-that-2nm-tag-fool-you/
でも、たとえ3.5nmでもすごい。。。
IBMとSamsungは結構前に先端半導体の共同開発するとのニュースがあったけど、現在も続いているのだろうか。IBMは、TSMCに製造委託している、というイメージが無い。メインは共同開発している企業?。

去年、IBMの先端半導体の製造をSamsungが受託している。
IBMの半導体部門は、もしかしたらマネタイズしてなくて、独自もしくは共同開発した先端半導体を製造委託して、自社の競争力を高めるための存在なのかな。
それが回り回って利益を出しているなら、直接の収入とはならなくても、マネタイズと言えるのかもしれない。

『サムスン電子と米IBM、次世代の半導体技術を共同開発: 日本経済新聞』
https://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1303S_T10C11A1FF2000/

『【電子版】IBM・GF・サムスン、線幅5ナノの半導体製造プロセスにめど | エレクトロニクス ニュース | 日刊工業新聞 電子版』
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00430983

『サムスン、IBMの最先端半導体を受託 新技術適用: 日本経済新聞』
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62757970Y0A810C2FFJ000/
引き続き、半導体先端技術(基礎)をリードするIBM
https://news.mynavi.jp/article/ibm_semiconductor-2/
インゴット含むウエハブランクの要求品質も上がるでしょうねぇ 供給先が更に限られてくるかと
この技術はスゴいが

プロセスルール表記は言ったもん勝ち的な雰囲気
7nmから2nm...Big Blueすばらしいですね。TSMCは、どうでるでしょうね?

(以下、記事中から引用)
7nmプロセッサと比較して、約45%の性能向上、あるいは同じ性能レベルでの約75%の電力削減になるとしている。例えば、スマートフォンのバッテリー寿命を4倍にする可能性がある。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ただし量産できるとは言ってない
IBM(アイビーエム、正式名: International Business Machines Corporation)は、アメリカ合衆国のコンピュータ関連企業である。本社はニューヨーク州アーモンク、世界170か国以上で事業を展開する典型的な多国籍企業でありテクノロジー企業。愛称はビッグブルー。 ウィキペディア
時価総額
14.5 兆円

業績