新着Pick
118Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事の筆者である森永氏のおっしゃる通り、資産運用、投資以前にもっと重要なことがあると思う。
私は、お金とはなにか、働くとはどういうことかを知ることなしに、金融的な資産運用のスキルを学んでも人は幸せにはなれないのではないかと考えています。
「15歳から学ぶお金の教養」でも書かせてもらったが、お金とは汚いものでもなんでもなく、「ありがとうの印」であり、企業があげる利益とは顧客の問題解決の対価なのです。そのようにお金というものをポジティブにとらえるところから金融教育をスタートしなければ、空回りするだけだと考えます。
アメリカだと子供の金融教育が進んでいますが、裏を返すと日本と違って学校帰りに子どもがお店に寄って自分のお小遣いで何かを買うという経験すら得にくい(13歳までは大人と一緒でなければ外を勝手に出歩けない)ので、お金の管理含め教育という形で早めに親がサポートするという側面があるのかもしれません。
大学生のときに『ナニワ金融道』を読んで、「金融リテラシーつけなあかん」と思い、勉強するようになりました。
学校教育での金融教育は金利と複利を教えるだけでも進歩だと思います
リスクをきちんと教えるのは現状では大学以降ですが、バリュエーションの式までは高校でもいけるかもしれません
投資より先にお金に関する教育が大事なのは当然です。投資が先に来る時点で、教育と称した業者の営業スタンスが見え隠れします。しかも、投資でも最も大事なのは自分への投資です。こんなことも知らない業界が多いように見受けられますね。