新着Pick
48Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
特定の変異株の検査キットを作るためには、特定の変異株に存在する特定の「遺伝子配列」ど同じDNA配列の断片を検査試薬の中に組み込む必要があります。

島津製作所では、英国型の変異株同定用はすでに発売済みで、今後、インド型、カリフォルニア型、南アフリカ型、ブラジル型それぞれの変異株同定用のキットも開発するとしており、田井さんが言うように、分析ができないと特定株に対する対応もできないので、必要なことですし、国内企業による供給が始まり、入手の安定性が高まることは朗報です。
さすが島津ですね。多分これそれぞれの変異に特異的に結合するプライマーとプローブのセットとのこと。RNA精製しなくていいとか神すぎる....
分析ができないと対応もできないので、まず検出試薬が安定的に供給されるようになるのは大事ですね。

リリースはこちら。
https://www.shimadzu.co.jp/news/press/i0zcquzlpoogh2bu.html
詳細知りたい方はこちらも
https://bit.ly/33ksThG

「同社は南アフリカ型やブラジル型などの変異を調べる試薬も開発しており、同じく6月をめどに発売する予定」
株式会社島津製作所(しまづせいさくしょ、英語: Shimadzu Corporation)は、京都府京都市中京区に本社を置く、精密機器、計測器、医療機器、航空機器を製造する企業である。 ウィキペディア
時価総額
1.56 兆円

業績