新着Pick
275Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こうしたリストは、基準も含めて、新たな視点を知るのに有効。知らなかった!という企業もあれば、いつものというのもあるので。どれが入った、入らないというより、新しい波に触れる機会と思っていれば良いのでは?
企業のパーパスがハイライトされたリストであり、そのパーパスが明確な企業が選ばれているのでは、という感想です。一行で巧に表現されています。Uniliver "Parting with plastics" Walmart "Keeping America fed, clothed, vaccinated"など、大会社でもPioneerに劣らず大きな変革を起こしていることが感じられました。企業は高い収益を何のために使っているか、そこが強調されていて魅力的な記事になっています。日本企業はこういうリストでもっとハイライトされるように、もっと押しが強くなってほしいです。規模、歴史、伝統はあくまでも素地であり、世界で影響力を出すには、社会でどれだけ役立つことをしているか、インパクトは出せているか、革新性はあるか、他社からリーダーシップがあると思われるか。。。大切な要素です。
数少ない新興国企業(除く中国)としてインドのエデュテックのBYJU'S。
https://time.com/collection/time100-companies/5950024/byjus/

ランキングに掲載された企業は、全体的にtoCの企業が大半ですね。
任天堂、ソニー、ソフトバンク。選考基準は推薦からの relevance, impact, innovation, leadership, ambition and success での絞り込みとなんともフワフワしています。
個人的には、ソフトバンク・ファーストリテイリング・任天堂、辺りはトップ100に入っていると思っています。
日本から3社のみ。
任天堂、ソニー、ソフトバンク。
チャンス伸びしろJAPAN!!