新着Pick

アマゾン創業者ベゾス氏企業 7月に有人宇宙飛行 1人分の席販売

NHKニュース
【NHK】IT大手アマゾンの創業者ジェフ・ベゾス氏の宇宙開発ベンチャー企業「ブルーオリジン」は、ことし7月にみずから開発した宇宙船…
202Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
どこまで高騰するか見ものだな
人気 Picker
おおおおお、やはりVirginよりこちらが先でしたね!

今日発表したのはもちろん、アメリカ人初の宇宙飛行士アラン・シェパードのサブオービタル飛行から60周年の日だからでしょう。(本当は今日飛ばしたかったんだろうけど、間に合わなかったのでしょうね) 彼らのロケット、ニューシェパードも、アラン・シェパードから取られたものです。

ところでついさっき、SpaceXのSN15もついに着陸に成功しました!
Blue Originは自分が主宰するSPACETIDEに過去複数回登壇をしてくれたこともあり、今回の初の有人宇宙飛行にも注目してます。けど事業としてみたときにBlue Originにとっての本当の挑戦は大型ロケットのニューグレンの成否だと思います。仮に準軌道までのニューシェパードが成功しても、SpaceXが成功させてきたような軌道まで(特に人間を)輸送する技術はまた別世界。
販売する座席がいくらになるかが注目されたが、オークション方式とは。これで宇宙旅行の相場観もできるし、興味深いアプローチ。7月20日が打ち上げとのことだが、それまでに人を乗せて軌道周回するテストまでできるかどうかが見どころ。
ブルーオリジンが、7月20日に初の有人宇宙飛行を行い、このうちひとり分の席を販売すると発表。
https://www.blueorigin.com/
https://twitter.com/blueorigin/status/1389973625537712135?s=20

「乗客はおよそ3分間にわたっていわゆる無重力状態を体験したあとパラシュートを開いて着陸します。打ち上げから着陸まではおよそ10分」
どんな人が購入するのかも気になりますね。
離陸、無重力空間、着陸までやっぱりAWSの通信下、ライブ映像されると思いますし、Ticket to rideの権利を獲得された方はSNSでライブするとこれまたとんでもない付加価値となるでしょうに、どうしてもAmazonとなるとマネタイズもがっちりなイメージですが、何よりも夢がありますね。
一般人の宇宙飛行とロケットの着地を両方成功させたら、すごい成果ではないでしょうか。

しかも今年の7月とは早い!
今から販売して、一般人の訓練は間に合うんでしょうかね?10分間だけの宇宙体験なら、そんなに準備することはないのかな?
オークションでいくらの値がつくのか
大きな話題になりそうですね。
前澤さん⁉︎
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
195 兆円

業績