新着Pick
160Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
『救えたはずの命』という意味では、大晦日の会食に行かなければ救われた命かもしれません。

亡くなった方のことを責めるわけでは全くなく、あくまで一般的な感染対策という意味でです。

どこで感染したかはこの記事からは分かりませんが、少なくとも会食は非常にリスクが高いことはほとんどの方がご存じかと思います。

感染リスクがある行為をだれもが控えていれば、医療のひっ迫も防げます。

逆にいえば、医療さえ受けられれば、みなさん感染してもよいと思っているとしたら、その考えはあまりおすすめできません。

回復できたとしても味覚嗅覚障害などの後遺症が残る方もいはりますし、若年でも持病がなくても重症化やお亡くなりになるケースもでてきています。
なにより自分にとって、感染しないことが一番ではないかと思います。
これが医療崩壊の現実ということで、この方のことを記事に取り上げているようです。亡くなられた方は凄く辛かったとは思うのです。

でも、打ち上げを兼ねての大人数での飲み会をして、そこに咳き込みながら出席する…これ、やってはダメだと言われていることですよね。
あと、大学病院は、平時でも紹介状なしに行くと受付の時にかなり渋られます。コロナが疑われたら、保健所に連絡をするというのは知らないといけないです。

医療崩壊に関して、後手に回っている日本は情けないですが、60歳の大人ならば、一定のルールは知り守らないといけないのも事実だと思います。
死亡後にコロナ感染がわかった男性について伝えています。

新型コロナ「第3波」が猛威を振るっていた今年1月、東京では、診察も受けられないまま自宅で死亡する人が相次ぎました。男性が死の直前まで友人に送っていたLINEのメッセージは、医療崩壊の恐ろしさを浮き彫りにしていました。
記事を読んで、今の日本では結構普通のことだから、あらためて気を付けないといけないと思いました。

関東地方のとある地方に、夜間(急患)診療の仕組みがあります。病院の一角を公的な医療施設が提供し、診療は行政から委託を受けた地元医師会が行っています。そこでは、他の医療機関の経営への影響を最小限にすべく作った申し合わせにより、「1日分だけの投薬だけの対応に限る」となっており、検査を行う体制もありません。結局のところ、翌日、休日診療を受け付けることになっている当番病院に行くように指示されます。

コロナの影響により、休日診療の当番病院は、通常外来担当と発熱外来担当に分かれていますが、発熱外来は県内にごく少数しか設置されていません。受診者数を絞るための工夫でしょう。「医師会の当番が来ない限り、熱のある患者は診ない」(当番がまとめて診る)がこの地域の方針になっているようです。

以上は、記事と同じ年末に経験した話です。このようなやり方をしていたら、自力で診療施設を見つけられない方は命を落とす可能性は高くなり、「病院のはしご」で感染拡大の恐れもあります。これがコロナ禍での行政のシステムであることに疑問を感じてはいます。

残念ながら、医療崩壊している地域でなくても、現在の医療体制は大体こんな感じです。自分の身はできるだけ自分で守るように行動するしかなさそうです。
1人のケースをホラーストーリーとして報道するやり方ってフェアだとは思いません。もちろん命は大切だし、こうしたケースが日々起きている現実は大切です。ただ他の病気や、経済打撃による自殺のケースなども一方であるので、コロナだけが恐ろしい訳ではないことも事実。印象操作、世論操作とも取れる報道姿勢は恐ろしく、洗脳だってできてしまうことがこのコロナ禍で証明されてしまいました。
病床が逼迫しているという報道は日々耳にしますが、及川さんのような方が全国で沢山いらっしゃるとすると、救える命も多いということ。
医療崩壊の恐ろしさを改めて感じます。
サンプル1でビビらせるのはオールドメディアの得意手法ですね。余程の馬鹿以外ひっかからないと思いますが