新着Pick
153Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私は去年の11月に日本でビーガンコスメブランドを立ち上げ、クリーンビューティー、そしてサステナビリティに向けた化粧品プロダクトを提供していますが、海外と比べ、まだ日本の美容業界に環境志向のブランドは少ない気がします。そもそも製造のロット数が大きい化粧品業界に、原価が高くなるという選択肢は同然リスクも高くなるので慎重だと思います。環境に優しいブランドやプロダクトに興味を持つ消費者の数が増えるともっと盛り上がると思います。最近日本でもサステナブルという言葉をよく耳にするようになりましたが、人間、社会、そして地球環境に良い循環を作っていきましょう。
ファッション・美容関連業界で改革が進みにくかったのは、サプライチェーンが様々な国や地域にまたがっており、個々へのアプローチをしないと改革が難しいためという視点もあるでしょう。

影響力をもつ統括的なデザイン・製造・小売を担う事業者(H&M、ファーストリテイリング的立ち位置)が、認証制度などのツールも活用しつつ、トータルでコーディネート・見守り体制を整え、業界をリードすることが期待されます。

事業者が協調的に行える分野も多いと思いますので、一昨日のニュースにあった、日本発の「ファッションと環境に関する企業コンソーシアム(仮称)」にも期待をしています。
https://www.jiji.com/sp/article?k=2021050200207&g=eco