新着Pick
99Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
関西圏での変異株の割合が8割程度となり、子どもへの感染が増えてきています。
これから関東圏でもそのような状況になってくる可能性があります。私達がどこまで対応できるのか…確かにこれからが小児科医としての正念場なのかもしれません。

ひとつ言えることは、ウイルスの変異は感染が拡大しているときに多く起こるということです。感染が少なくなれば変異も減り結局は抑え込みやすくなります。

東京からの流出した人出が大変なことになっているそうです。
子どもたちが我慢している現状で大人の自粛が難しいのでは、なかなか抑え込みは難しいのかもしれません。
子供が感染するのは仕方ないとして、重症化するのかなどの情報が知りたい。