新着Pick
779Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
沢山の方々からコメントを頂戴しました。この「衝撃・ニッポンが安い」という特集記事のお話をいただき、この失われた30年の中で自身のキャリアの殆どを費やしてきた私が、ネスレという外資系企業にいながら外資の目で外から見ていた"異常なほど低価格競争"に陥る日本を見てきて感じてきた事を話させて頂きました。
私自身も含めて、60代、70代、80代の元経営者には、失われた30年間の責任が物凄くあると感じています。少なくとも、60歳代の10年間は、イノベーションとマーケティングを少しでも多くの次世代の人達に広めたいと、ケイアンドカンパニーという個人会社を設立し、NewsPicksさんともニュースクールにおいて、「高岡イノベーション道場」を立ち上げ、連日「イノベーションとは?」「マーケティングとは?」に取り組んでいます。
自分の孫の世代にとって、日本が再び「稼げる国」になるように、今こそ日本再興の時です。
高岡さんには当社の社外取締役として非常に多くのご貢献を頂いています。
その日本人離れした(笑)ものの味方や発想力には舌を巻くばかりです。
DXも含め今後の日本企業のブレークスルーに引き続きご尽力頂ける事を期待しております❗
縮小が続く国内のコーヒー市場で、強気の値上げを断行してきたネスレ日本。私はインスタントコーヒー派なので、この数年の値上げに正直とても驚いています。インスタントコーヒーだけどんどん値上がりしているように感じるのは何故なのか。前社長の高岡浩三さんに、その狙いと背景を聞きました。
外袋を紙製にされた取り組みは素晴らしいと思いますが、”キットカットミニのサイズを一回り小さく”したけれど売り上げた落ちなかった理由との相関関係がどこまであるかは、少し疑問です。
まさに"Jobs-to-be-Done"、顧客が製品をどんな場面でどんな目的でどのような効果を期待して使用しているのか。これを見極めてビジネスチャンスに繋げるのは言うほど簡単ではないですが、それが達成できれば価格が少し高くても買う人が多く存在するということですね。
まさに、失われた30年の要因は、マーケティング遅れ。
> 2つ目はマーケティングを勉強してこなかった

日本は、未だにグッズ・ドミナント・ロジックの企業が多いです。
グッズ・ドミナント・ロジックは、企業が価値を生産し、消費者は価値を消費する思想。
経営活動のゴールが「交換価値」の最大化になるため、4Pからなる古典的なマーケティングで購買に終着します。

ネスレは、サービス・ドミナント・ロジック。
顧客が製品やサービスを使う過程において、企業活動や顧客行動が共創して、価値を生み続けるという思想。
経営活動のゴールが「使用価値」の最大化になります。

「お湯を沸かすのが面倒」という問題に気づけるのは、使用価値を最大化する意識があってこそ。
不便を解消し、問題を解決したから、値上げが許容されます。

サービス・ドミナント・ロジックの事例は、海外ばかり。
おもてなしで慢心していると、日本と世界の差はさらに広がるかもしれません。
まさにまさに!

「何かの時の備えとして、利益を積み上げたものをある程度持っておくことは大切ですが、コストをカットして貯金をすることは、誰でもできます。選ばれた社長がやる仕事ではありません。」
マーケティングにおける適切な「顧客の課題解決」「競合」の設定がいかに重要かわかるお話でした。

昔学んだ
「価格は安いか高いかではなく、説明できるか」ということを振り返りました。
ただひたすら安くではなく、顧客を見た際に手が届く設定と、
適切に何を競合と位置付けて優位性を出すのか、、
言うが易しですが、あらゆる仕事に通じるところですね。



>インスタントコーヒーの競合はレギュラーコーヒーではない。コーヒーの競合は、もはやコーヒーではないんです。これを僕らは「新しい現実からくる新しい問題」と言っています。

>パティシエの高木康政さんと組んで、当時100円だったものを120円で売ったり、期間限定商品を出したりして、希少価値を高めることによって値段を上げさせてもらいました。
以前、大量にお土産でいろいろな味のキットカット買っていくフィリピン人が「キットカットは日本発のものだと思ってた」て言われた時を思い出しました。ネスレは弊社のクライアントでトウモロコシを供給させてもらっていますが、大規模なCMやマーケに加え、古くから消費者に根付いたマーケティングとラストマイルネットワーク構築に日々感銘を受けています@ガーナthx!
マクロにみることでパイを広くして、ユーザを獲得していくことが重要ですね。現代はエンドユーザの可処分◯◯の奪い合いなので、いかに入り込む余地を見出すかが重要になると感じました。

---
インスタントコーヒーの競合はレギュラーコーヒーではない。コーヒーの競合は、もはやコーヒーではないんです。これを僕らは「新しい現実からくる新しい問題」と言っています。
この連載について
世界3位の経済大国、ニッポン。だがこの20年間、物価が上がりにくい状態が続いたことで、日本のモノやサービスの価格、つまり物価の水準は、世界の中でだんだん「安い」方になりつつある。この状態は日本の企業をどう変えたのか。私たちの未来にどんな影響をもたらすのだろうか。

業績

ネスレ日本株式会社(ネスレにっぽん、ネスレにほん)は、スイスのヴェヴェーにある売上高世界最大の食品メーカーネスレ (Nestlé S.A.) の日本法人である。日本ではコーヒーが主力商品だが、菓子やパスタ類なども扱っている。本社は兵庫県神戸市に所在。2013年に創業100周年を迎えた。 ウィキペディア

業績