新着Pick
33Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
改憲に挑戦と言っても、タイミングが今すぐとは限らないし、首相の常日頃の言動から前任者ほど改憲に積極的とはとても思えないー という点は多くの人が感じるところだと思う。国論が二分されるテーマであるだけでなく、コロナ対応でそれどころではないという状況で、政治的エネルギーを費消できない。

一方、足元では安倍前首相が改憲の旗振りをする保守系議連の顧問につくなどの動きがあるなかで、総裁選を前に党内保守層(議員に限らず)の支持を繋ぎとめることが第一で、そのために国民投票法を通したり改憲の意欲を表明したりしている、と考えるのが自然だろう。
いま日本で最も知性が低いと思われるのは朝から晩までツイッターで「憲法改正反対」とツイートし続けている人達
Premiumを無料で体験
登録・ログイン