新着Pick
284Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
需要側では、自動車CASE対応だけではなく、5G・IoT普及期入りとそれに伴うデータ量の増加が底流にあるのだと思います。供給側では先端半導体を作れる事業者が限られる上、米中で分断が進んでいるので、供給は勝ち組事業者の掌中にある、と言う構図と理解しています。
 今後しばらくは、高めの半導体価格を受け入れてもしっかり付加価値を訴求できる(アップル的)企業か、非先端品を工夫して価値を作る企業(イメージ的には任天堂的)が有利な展開でしょう。
スマートフォン向けなどの半導体ではなく、特に自動車産業の半導体不足に言及されている。スマホン向けメモリなどであれば韓国が強いが自動車向け半導体となるとセンサー、センサーから信号を受けて処理をしてエンジン、モーターを制御するマイコン、モーターなどのアクチュエーターを駆動するパワーデバイスがあるがそこではインフィニオン、マイコンではルネサス、さらに自動運転の認識処理となるとSOC(SYSTEM ON CHIP)となるとインテル(モービルアイ)、NVIDIAなどが強い。次世代車の“頭脳”ともいえる統合ECU(電子制御ユニット)を巡り、半導体メーカーの競争が激化している。セントラルゲートウエイ向けの車載SoC(System on Chip)では、ルネサスエレクトロニクス、オランダNXP Semiconductors(NXPセミコンダクターズ)などが、車載プロセッサーで2強といわれ、統合ECUの進化が進んでいる。この領域では韓国の半導体は存在感はほぼない。アメリカ、イスラエル、オランダ、日本などが頑張っている領域だ。CMOSセンサーではソニーも相当伸びると思う。SOCにやり半導体、Aiなどによるソフトウェア処理などが必要となるなか、自動車用半導体は今後最も成長していくと思われる。日本のルネサスもこのなかでしっかりと存在感を発揮し続けてほしい。
高い値段で交渉したいというポジショントークでしょうか。
インテルのパット・ゲルシンガーCEOのCBSニュースの番組「60ミニッツ」での発言内容だそうです。2-3年なかなか長い。

業績

インテル(英語: Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
24.2 兆円

業績