新着Pick
149Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
NFTの思想的本質(単にデジタルアートのみに使われる技術ではない)がアート界にもさらに広がることで、そのようなD2Cの手法を嫌うギャラリープレイヤーも出てきます。無論、NFTはアートの「市場価値」とは相性が良い一方、「芸術価値」とは相性が悪いです。(適切と思われる価格設定をする権威がいないため)

ただ、このような市場価値が芸術価値に及ぼす影響が年々高まっているように感じます。(中国が作品をプライマリー販売からオークションにかけてしまうように)
BeepleのNFTアートを75億円で落札したのは、インド出身のビグネシュ・スンダレサン氏(32)2013年に仮想通貨企業を立ち上げて財を成した。今はITコンサルをしながら、NFT関連のファンドに投資。成功するにはマーケットとタイミングがいかに大切かということだなー
なるほど!高く買うことで自分の財が増える前提があったということか。一種の市場操作ですね。複製可能なデジタルデータにトークンをつけただけで本質的な価値はそこまで高まらないと感じます。NFTには長期的には大きな新しい価値を生み出す可能性はあると思いますが、トークンを持っていなければそのアートを楽しめないなどの仕掛けがなければ、当座は既に起こっているように急速に冷えゆくバブルに成り下がるでしょう。
今持ち上げてる人たちのポジショントークに要注意。この人もインタビューに応じたのは失敗ですね。
世の中ほぼ「タイミング」だなと思う。
NFTは、あくまで所有権の証明でしかないので、
消費される類の作品とは相性が悪いと思います。

いつまでも手元に置いておき、その所有者であることを誇りに思うような真のアート作品が当面の対象なのだと思います。

また、vr技術との相性は良いように感じています。
VR空間上のアバターやアイテムが、まるで本物の物体のように振る舞うためには、運営の監視のない場所でも所有権の移動がなされ、唯一性が担保される必要があるように思います。

オキュラスクエスト2で、VRの世界は急速に発展を遂げつつあるように思います。

ボールを掴む、投げるなどの細かい身体の動きをVR空間上で再現できるようになり、インタラクションを楽しめるようになっているので、アイテムを「物質」として扱う素地ができているのではないかと思います。

今の状況は、一過性のブームやバブル、市場操作の要素があるのは否めませんが、未来は確実にこうした技術が生活の一部に取り入れられていくように思います。
例え一部だとしてもアーティストへ収益が還元される仕組みがあることは素晴らしいと思います。
後になってからだと、何とでも言えることですが、「いい時にいい場所にいる」ためには、普通の人たちと同じではない、多くのリスクをとる必要があります。

(以下、記事中から引用)
「大金を稼ぐアーティストもたまに見かけるが、運がいいからだ。いい時にいい場所にいたからだ」

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
32歳で75億円をポンと出せる資金力❗️