新着Pick
386Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
そもそもこのアンケートの狙いは何だったのでしょうね。統計処理したいのであれば、ちゃんとした調査をすべきだし、簡易的でもざっくりつかみたいのであればスクリーニングも簡単にできるネット調査でいいでしょう。そうではなくて、とにかく若者に注意を促す狙いなのだとしたら、別のやり方があるのではないかと思います。
例えば「若者がなぜ街に出る理由を探るためにまず傾向値をはかり、定性調査の調査票作りに役立てる。」ということであって、自由回答のアフターコードであれば、(ホントはネットで自由回答のあとアフターコードの方が安価に行けて定量性も担保できると思いつつも、) 直接当事者だけに聞ける街頭調査もなしではないと思ったのですが、よくよく見たら回答が選択式であったということで調査の意味が不明となりました。

街頭調査はサンプリングの偏りを補正できないため、数がどれほど多くても傾向を見るにすぎません。この段階で結果を公表するならその後この傾向から何がしたいのか?もしくはこれはまだ経過でそこから定量化するなりして何かしたいのか?も合わせて言わないと要らぬ誤解を招くものです。

外出する人の理由の傾向値の把握であればなぜ調査対象者を若者に限ったのか?この傾向地の段階で行政府が結果を都民に公表する目的は何か?

手作りでも調査するのは何もしないよりずっと素晴らしいけれど、適切な予算をきちんと調査に配分して専門家と働いてほしいなぁ…
マスクすれば大丈夫、と言ってる人が、本当にずっとマスクしているならよいですが、食事の時はマスクはずしておしゃべりしたりしていたら意味ないですし、
その他が約半数なのが気になりますね。

調査をするからには今後の啓発に活かすのやと思いますが、
であれば、ランダムに街中の若者に声をかけるよりも、レストランでしゃべりながら食事している人や路上のみやマスクせず大声で話している人など、リスクの高い行動をとっている人にアンケートする方が、啓発の改善につながるのではと思います。

傾向を調べることよりも、現状感染対策をしていない人がするようになることが大事なのではないかと。
当然、高齢者編もやるものと理解しています。人口はそちらの方が多いわけですから。為政者なら当然。
若者の外出理由を調査。外出を減らすための対策を考える為、ということであればNetflix、WOWOWあたりが「ステイホーム!GW期間無料視聴キャンペーン」とかを行なったら、若者の人流一気に減る。自粛が「得」になるような施策をそろそろ出して欲しい。
調査対象者480人のうち約半数の235人が「その他」を選択している時点であらかじめ設定された選択肢に問題があったんじゃないかと思いますが。
調査すること自体は悪いことではないのでどちらかと言うとこれがニュースになることが疑問です。
というか、エビデンスに基づいて外出そのものが問題では無い事はわかってたんじゃないんですかね。
税金をかけて調査したこの結果をどのように活用するのでしょうか?

「マスクをしても外出するな」と呼びかけるのでしょうか?

外出が制限されていない以上、きちんとマスクをして外出している若者たちは立派だと思いますけど。
あのお笑い種の調査結果が出たらしい。で?これで何がわかるの?
やらされた都庁職員(外部委託かもしらんが)も可哀想に。
皮肉ながら、例えば質問側の都職員側から密を仕掛けているあたりに、今の都政の質がうかがえる調査結果となりました。
なんでもかんでも行政にいちゃもんをつけるのはやめませんか。

調査目的は「30代までの若者が複数名のグループで繁華街に外出する目的を調べて広報対策を行う」ことであるのは明らかだし、選択方式でもなければこの状況で街頭での対面調査はありえないし、こうやって一次データを取ることは判断の上で極めて重要だし、n数は多ければ多いほどよいものの、ピンポイントでの調査としては、480名は十分なサイズだと思います。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン