新着Pick
22Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
異文化を全く取り入れず何かを創るということはあり得ない。
現代は「ローカル」の価値が上昇している一方、
西洋文化への評価が下降している(いつまで宗主国気分でいるんだ!っていう感覚でしょうか)。
そんな時代にとっての異文化ミックスは「相互理解のプロセス」か「イノベーションのネタ」か「文化の盗用」か、線引きがかつてないほど繊細になっています。

炎上を避けるためには敬意の表現が必須とは言われますが、では具体的にどのような表現がOKなのか、そこにもまた異文化理解が問われます。

バレンチノ問題をより広い枠で考えるためのヒントがちりばめられた記事です。
文化とは。長い歴史によって培われたもの、その国の人々が大切の育ててきたものゆえに深い回と敬意が必要なのだと思います。
これからの多様性においては違いを認め合うのみならずその違いを生み出すバックグラウンドへの視点が重要になるのではないでしょうか。

特にラグジュアリーと言われるブランドにはますます知性が求められるようになる今(ラグジュアリーブランドだけではないですが)どういった思想で物事を捉えるかが問われています。
ローカルへのリスペクト、そこで生活する人の空気感、歴史への洞察、そして作りたい未来への示唆。次世代のラグジュアリーとはを常に考えながら、お互いの文化を取り入れる包摂の精神が大事かと。

常に学びながら考えたい問題です。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン