新着Pick
32Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
トランプ政権が約束した完全撤退完了日は4月末だが、バイデン大統領は完全撤退完了日は9月11日と決めた。残っていた米軍兵士は二千五百人だった。一回に百人程度が撤退するならあっという間に撤退完了になるだろう。それでも明日以降、タリバンが約束違反として攻撃開始するのかどうかに注目している。アメリカはタリバンの対応をテストしながら段階的、半ば公然と撤退している感じ。
撤退することは、アフガン情勢がさらに不安定化し、タリバンの勢力が伸張することを許容すると見られている。そうならないような撤退の仕方になればバイデン外交の金星となるんだけど…。
米軍(+NATO軍)が撤退するだけでは、2001年後に米国が支援してつくった現地政権は、ターリバーンに倒されます。
 米国としては、米軍を撤退させ、かつ現地政権は守る、という非常に難しい、というか、実質無理な路線を模索しています。とりあえず、ドローンを多数駆使してターリバーンへの攻撃を続けるとして、それだけでは足りません。民間軍事会社やCIA要員を数千~数万人残留させるという方針もありますが、これは米政権内でも固まっていません。
 米国としてはターリバーンへの航空攻撃も続けたいでしょう。しかし、アフガニスタン国内にある6か所の米軍基地を引き払うのであれば、いずれも難しくなります。
 ドローンであろうがCIAであろうが、米国の軍事力が残留すれば、ターリバーンは合意への違反と見なすでしょう。
 こういう判断を重ねていくと、米国にとってアフガニスタンからの撤退はスッパリできるようなことではなく、むしろ難題が増えていく、ということになるでしょう。
やはり、撤退後の治安が心配です。タリバンも代替わりしているでしょう。アフガニスタンの現政権が不安定となり、一時的な混乱も考えられます。一部で、タリバンが和平協議に関して、直接交渉を求める書簡を政府側の要人に送っていたとの報道もあります。コロナ禍でもあり、アメリカは少なくとも医療支援は、遠隔でも継続すべきだと思います。
アフガニスタン駐留米軍が撤退を開始したとのこと。「駐留の契機となった米中枢同時テロから20年となる9月11日までに完全撤退」を目指しているそうです。あれから20年経って、漸く。混乱等なく撤退できますように。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン