新着Pick
23Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本記事はCanalysの調査だが、下記のIDCのスマホシェアが時系列で分かりやすい。AppleはQ4に新iPhoneを投入し、また季節的にも年末商戦なので、そこでのシェアがほかの季節より毎年高い。なのでQ1以外はSamsungがトップになる季節性(2020Q2だけHuaweiだった)。Samsungは、ハイエンドだけでなく全価格帯展開しているのが大きい。
https://www.idc.com/promo/smartphone-market-share/vendor
さかのぼって調べてみると、Q4 2016-Q1 2017から5年連続で首位が入れ替わっている。
AppleとSamsungの新機種販売サイクルによるものなので、どちらかが失速しない限り、同じ傾向が続くと思います。
見方を変えれば、両社とも、この5年間で市場が変化する中、毎年一定の結果を出していると言える。Appleのブランド力の高さは誰もが評価するところですが、途中でバッテリーの発火がありながら、2020年までSamsungがトップを維持出来たのは、こちらもブランド力があり、品質に一定の評価をされているからでしょう。

Huaweiの失速、Xiaomi、OPPO、Vivoは好調を維持、Realmeが凄い勢いでシェアを上げている。これまで続いてきたSamsungとAppleが入れ替わるサイクルも崩れていくのだろうか。

『Canalys Newsroom- Global smartphone market Q4 and full year 2019 -』
https://www.canalys.com/newsroom/canalys-global-smartphone-market-q4-2019

『Samsung lost top rank to Apple in Q4 smartphone market share | TelecomLead -』
https://www.telecomlead.com/telecom-statistics/samsung-lost-top-rank-apple-q4-smartphone-market-share-74116
スマホの世界出荷台数の1位はSamsungなのか。iPhoneの方が直感的に使えるし、AndroidはバージョンやメーカーによってUIが違いすぎるから使いにくい、という気がしてしまうけど。自分の常識を疑う必要がありそうだ。仮説を立てるとすれば“価格”と“慣れ”か?
調査会社カナリスの調査結果。「第1・四半期のスマートフォンの世界出荷台数は、韓国のサムスン電子が7650万台でシェア22%を獲得し、米アップルから首位の座を奪った」
Apple Inc.(アップル)は、アメリカ合衆国の多国籍テクノロジー企業である。カリフォルニア州クパチーノに本社を置く。デジタル家庭電化製品、ソフトウェア、オンラインサービスの開発・販売を行っている。 ウィキペディア
時価総額
276 兆円

業績