新着Pick
116Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アメリカでは成功事例を持つファッションサブスクが日本やアジアでなかなか盛り上がらないのには、モノに関する価値観の違いが大きいかと思います。アメリカや海外の人が思うファッションは、自分の個性を表現する一つの手段に近いですが、日本やアジアなどでは所有するものとしての認識が高い気がします。しかし、商品調達力の高い百貨店のファッションサブスクならまた違う意味で盛り上がる可能性があるのではないかと思います。つまり、高価ブランドの服(特に新商品)をレンタルで少しリーズナブルな値段で着ることができるというメリットがあれば、その魅力に関心が高まりそうですね。そして余談ですが、韓国では若者向けのデザイナーズファッションブランドのサブスクが人気を集めています。
元々百貨店は業態としてグローバルに厳しくなっていた。それゆえDXが求められていたし、日本ではインバウンドが数少ない追い風だった。でもコロナでインバウンドは止まり、またグローバルにも小売全体のなかでECシフトやスーパーシフトが進み、繁華街立地ビジネスの百貨店は一番厳しい。
厳しいことは、変化を推し進める。成功するかは分からないが、どういう変化があるのかの具体例としてPick。米国のMacy'sやNordstromの決算などでもDX推しではあるが、スポーツ用品からラグジュアリーまでブランド系も同様。
ブランド系はここ20年くらい自社店舗・直営化も進める中で、DXのなかで大規模に自社顧客につながろうとしている(既存大規模ブランドのD2C化)。それに対して、これまで幅広い品ぞろえ・ブランドを売りにしてチャネルを提供してきた百貨店はどうやって戦っていくだろう。
百貨店で購入できるモノのオンラインの買い物で難しいのは、やはり靴ではないかと思います。靴はサイズ的には問題なくても履いた際問題があるということもあります。個人的にも何度か失敗しています。YourFIT365で一度採寸しておき、その後好きな時にオンラインで購入するというのは良いですよね。
街にもっと溶け込み、街の人々の活躍の舞台として役だって欲しい。
もっと驚きや発見を提案演出してほしいですね!
Premiumを無料で体験
登録・ログイン