新着Pick
79Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
気候変動と再エネということで、2つ関連する別の情報です。

アメリカを含む国際的な太陽光パネル製造は、ポリシリコンの生産位依存しており、82%が新疆ウイグル自治区で生産されています。中国は2010年代に同シェアを3倍以上に人権問題と気候変動問題のぶつかり合いに、どういった解決策が模索されるか関心があります。
>関連記事:https://newspicks.com/news/5761383?ref=search
>米シンクタンク記事:https://www.csis.org/analysis/dark-spot-solar-energy-industry-forced-labor-xinjiang

料理レシピサイト「エピキュリアス」は、気候変動関連の懸念を受けて、今後は牛肉関連のレシピを投稿しないことを発表しました。牛肉←牛←メタンガス←温室効果ガス、という繋がりでしょう。世界的にもかなり進んだ取り組みですが、リスクとリターンが難しい動きなので今後広まっていくかについては疑問です。
2017年から2020年に発表された内容と関係していると思います。
蓄電池の寿命管理、更新費用とか気になる。
関東にはTNクロスがあって、他にも各地区の電力会社と組めば、同じモデルを全国に拡大出来るのかも。
このビジネスを拡大出来れば、NTTにとって新たな収益源となりそう。

コンビニの数だけで言えばセブン-イレブンの方が多い。
NTTアノードエナジーは、セブン&アイホールディングスとも再エネ関連での取り組みがある。
ただ、NTT独占とはならないと思うので、同じ通信系だったらKDDIとSoftBankも参入していくのでしょうか。コンビニ以外にもガソリンスタンド(EVスタンドなど)やチェーン店など、手付かずの場所は多々あるだろうし。

『「コンビニを発電所に」、ローソンが慶應SFC研究所と共同で実証実験へ | エネルギー管理 | スマートグリッドフォーラム -』
https://sgforum.impress.co.jp/news/3687

『ローソンが「仮想発電所」に、電力コストを削減して需要家に還元:エネルギー管理 - スマートジャパン -』
https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1811/07/news021.html

『NTT独自電力網に6000億円、蓄電池など束ねる 携帯電話事業で成長難しく - SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト -』
https://www.sankeibiz.jp/business/news/191113/bsj1911130500001-n1.htm

『三菱商事とNTTアノード、再エネ・蓄電池の関連事業で協業 - ニュース - メガソーラービジネス : 日経BP -』
https://project.nikkeibp.co.jp/ms/atcl/19/news/00001/00975/

『ニュース 2021年3月31日:セブン&アイグループとNTTグループの協創で取り組むRE100店舗の実現 国内初オフサイトPPAを含むグリーン電力を一部店舗に導入 | NTTコミュニケーションズ 企業情報 -』
https://www.ntt.com/about-us/press-releases/news/article/2021/0331.html
三菱商事株式会社(みつびししょうじ、英語: Mitsubishi Corporation)は、三菱グループの大手総合商社である。 ウィキペディア
時価総額
5.56 兆円

業績

九州電力株式会社(きゅうしゅうでんりょく)は、福岡県福岡市に本店を置く電力会社。 ウィキペディア
時価総額
3,959 億円

業績

日本電信電話株式会社(にっぽんでんしんでんわ, にほんでんしんでんわ、英語: Nippon Telegraph and Telephone Corporation、略称: NTT)は、日本の通信事業最大手であるNTTグループの持株会社。持株会社としてグループ会社を統括するほか、グループの企画開発部門の一部を社内に擁し、規模的にも技術的にも世界屈指の研究所を保有する。 ウィキペディア
時価総額
12.2 兆円

業績