新着Pick
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
部品ごとの個体差まで加味してメンテナンス時期を最適化できるとしたらこれ以上のコスト削減はないでしょう。
"現在は故障が発生してから修理する事後保全(BM)と、定期点検で時間や距離に応じて部品を交換する時間基準保全(TBM)が主流。"
"一方のCBMでは、稼働する機器を常時状態監視することで、変化点から故障の兆候を見つける。故障や劣化の進展を予測して、この先、健全性を保てる期間「寿命」を算出する。これを元に検査や交換の最適なタイミングを検討していく。"
"「究極は壊れる一つ前のフライト」"