新着Pick
96Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「産軍学」協調体制ではあるので単純に見習いましょうと言えないところが難しいですが、イスラエル出身の知人がスタンフォード大学で学位をとって、そのままアメリカの大学に就職するのかなと思っていたら「アメリカはぬるい(意訳w)のでイスラエルに戻る」と言っていたのが印象的でした。
『起業家精神のルーツ CHUTZPAH──イスラエル流"やり抜く力"の源を探る 』(CCCメディアハウス)の著者である8200部隊出身のインバル・アリエリ氏にインタビューした本記事。

イスラエルが、スタートアップ国家として成功している理由を日本人が馴染みのない「CHUTZPAH(フツパ)精神」に焦点を当てる。

フツパの日本語の直訳はない。

「図々しさ」「厚かましさ」「困難な状況でも打開するメンタル」などが、日本語として適当だろうか。小職とは、2012年にイスラエル現地でイベントを行う際にジャッジとして協力いただいてからのご縁がある。

イスラエルでは皆兵制のためアリエリ氏は、女性。
イスラエルはアグリテック/ウォーターテックが発達している印象を持っていて、「水など資源が潤沢でない中、それを乗り越えようとイノベーションが生まれた」という理解をしていましたが、根本にある考え方も起因しているんだなあ‥と学びになりました。
イスラエルはITセキュリティ対策ソフト( E.g. チェックポイント)の先進国というイメージを抱いていましたが、今は業界問わずスタートアップが生まれやすい土壌であるということが記事から読み取れます。
日本は昨今の働き方改革で露呈されたように、古い慣習(終身雇用・年功序列)がまだ深く残っているため、スタートアップを生み出すことができても、成長/持続することが困難な市場です。
歴史と文化が、その国の国民の特性に影響を与えることは、どこでも同じですよね。

イスラエルは、イスラエルの素晴らしさがありますし、日本には、日本の素晴らしさががあります。

イスラエルが日本を目指す必要もなければ、逆に日本がイスラエルを目指す必要もないと思います。

互いに、学び合うべきではないでしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません

業績