新着Pick
68Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最近あまり聞かれなくなった用語に「プロパガンダ」という言葉があります。
あまりいい意味の言葉ではないので、ないに越したことはないように思いますが、正直コロナやらなんやらかんやらを見るにつけ、本当は今の日本にはプロパガンダが必要なのではないかとちょっと思ったりします。

ある人がプロパガンダについてこう言っています。

『政治家は時には不人気な政策を実行しなければならない。しかし不人気な政策は入念に準備し、大衆を納得させてから実行しなければならない。なぜならばそれによって一番被害を受けるのは彼らだからだ。彼らにはなぜそうしなければならないのかを知る権利がある』

『プロパガンダの役割はここにある。国民を啓蒙し、政策実行の地ならしをする。そうすると不人気な政策もやがて評価を得るようになり、国民の断固とした支持の下、政府は難しい決定を下し、実行できるようになるのだ』

政治家が不人気な政策を立案し、難しい決定をし、実行するためには、一番被害を受ける大衆を啓蒙し、納得させる努力を惜しんではならないということなんですね。
どうも最近の日本の政治には、こういう点が足らない様に思えるのです。

因みに、もし本当にそうだなと同意された方がいたなら、実はそれはそれで少し注意が必要です。
何故なら、上の言葉はナチスドイツの宣伝相、ゲッペルス博士の言葉なのですから(笑)

【今日の歴史】

連合国統治下の日本で、国鉄を舞台にいくつかの謎に包まれた事件が起きた。
特に三鷹事件、下山事件、松川事件は三大国鉄ミステリー事件と言われる。
しかし、それに先立つ1948年の今日、福島県の庭坂付近で何者かの工作により列車が脱線し乗員が死亡する庭坂事件が起きている。
今に至るまで犯人はわかっておらず、庭坂事件は三大ミステリー事件と同じ犯行背景を持つ序章的な位置づけであったと考えられる。
こんばんは.

4月から僕の運営する通信制サポート校・CAP高等学院に入校した高校2年生の生徒さん.
授業が始まってまだ2週間ですが,早くも1科目のレポートと視聴票が終わる勢い.
自分の意志で進め方を決めて,現在は週3回,それぞれ1時間の授業で一緒に動画を見ながらペースを作っていますが,授業以外の時間もいい意味でマイペースを貫き,単位取得に向けて学習しています.

勿論単位を取得することと大学受験の学習は別物ですが,余白の生まれた時間で,自分の進路を徹底的に考え抜き,どのスタイルで臨んでいくかを考えられることは,やはりとても大きいのではないかと感じています.
授業の声を聞いていると日増しに明るくなってきているのがわかるので,充実してきているのだと思います.

これからもとても楽しみです.

皆さん本日も素敵な1日をお過ごしくださいね!
おはようございます。

本日は緊急事態宣言中の当番出社日です。
各部署30%の出勤率にするようにとの通達のもと、きっちりとその人数は出社になるよう当番表が出されました。

その意図に共感できない、、

個人的にはフルリモートにして、どうしても出社しなければ滞ってしまう業務(紙の捺印など…)を行う人が出社申請をして出勤するという体制でよいと思っているのですが、、

会社の文化は簡単に変わらない。変わっていけるのは自分自身ですし、変えていくためには行動するしかない。

そう思いつつ、本日は自分にとって、オフィスで行うべき事務処理とミーティングを組みましたので、しっかりと目的を持って仕事したいと思ってます。
おはようございます。

自宅の目の前に児童館(兼保育園)があり、先日小学一年の長男を連れて行ってきました。いろいろと遊び道具があって同世代の子供達もいるのでとても便利。これが無料で利用できるのは素晴らしい。(住民税は結構払ってますが)
上の人から下のひとへのヒドイ言い方は、叱責や指導と言われます。下の人から上の人へのヒドイ言い方は、暴言と言われます。

特に何かあった訳ではありませんが、昔を思い出して、みんなが普通に話して、普通に議論したら良いのになーと思いました。
5月中旬まで絶対に感染できない事情が生じたので先週からジムに行くのを止めました。ペースが崩れるので中断したくなかったのですが、やむを得ないです。代わりに自宅で股関節をいじめてストレス発散してます。とりあえず開脚前屈で160度ぐらい脚を開いて胸が床につくようになりました。こうなったら意地でも180度やります!
皆さま。おはようございます。

FBIってご存知ですよね?米国の映画やドラマでよく素材として使われる組織なのですがわたしは「なぜFBIの刑事(特別捜査官といわれます)はただのデカのくせにあんなにエリート面していて誰に対しても自信たっぷりなのか?(あるいはなぜそういうふうに描かれているのか?)」と感じていました。

たまたま読んだ本でその疑問が氷解しました。有名なフーバー長官時代のFBI改革によってFBIの特別捜査官は弁護士または公認会計士の資格を持った者に限られていたと。その後この基準は緩和されたものの採用者はそれと同等の学力を持った者に限られていて現に法曹資格を持つ者も多いと。

なるほど。日本のテレビドラマのように所轄の地回りのデカが手柄を認められて捜査一課に配属されるなんてことはない。彼らはほんまもんのエリートなのでした。

野良ピッカーのわたしですが少し賢くなりました。その昔バージニア州の北部に住んでいたのですがちょっとクルマを走らせたクアンティコにFBIの施設があったことを思い出して懐かしくなりました。

今日の空気はピリッとしていて気持ちいいです。花粉は酷いですが。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン