新着Pick
3Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
株式交付制度という選択肢が増えたことは、企業にとって、一般論としては歓迎すべきだろう。

しかし、一部の投資会社のような会社はもともかくとして、事業会社にとってはどうなんだろう?
個人的には、疑問だと思う。

完全買収しない、つまり、少数株主が残ったままの部分買収は、よほどの事情がない限り、事業会社では好まれないように思う。
日産が三菱自工を完全子会社としない形での取得したのは、極めて例外的だったと思う。

少数株主に対して、金銭ではなく、自社株式を買収対価に使うのは、後に自社株式の売却を推奨するようなものだ。
つまり、自社の株式について、どのような株主像を描いているのだろう。
長期保有で自社を応援してくれる株主ではないのか?
それとも、経済効率性でどんどん買い換え、乗り換える株主か?

会社法には、実際は思ったほど使われない制度が設けられることがある。
古くは株式合資会社制度、近くは会計参与制度がある。
株式交付制度もそうなるかもしれない、と思う。