新着Pick
291Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
(追記)作品賞と主演女優賞も『ノマドランド』ですね。フランシス・マクド―マンドは、3回目の主演女優賞ですが、キャサリン・ヘプバーンに次ぐ史上2人目です。

監督の趙婷(クロエ・ジャオ)氏は、中国生まれですが、10代から米国に住んでいて、米国の文化に没頭してきた人です。しかし、『幽遊白書』の蔵馬を熱烈に推しているというあたり、40代の日本人とそんなに遠くない部分もあるでしょう。
 受賞作の『ノマドランド』は、あくまで米国の話で、リーマンショック後に没落する中産階級が、車中泊で放浪する話です。米国人にリアリティのある話ですが、詩情のある画面のつくりは、中国や台湾の映画に近いようにも思います。李安(アン・リー)のように、米国で活躍する中国人や台湾人の監督はこれまでにもいますが、その系譜に連なるように見えます。
 趙監督は、中国政府に批判的な発言をしていて、中国では作品が放映できなくなっています。
助演女優賞を受賞した韓国のユン・ヨジョンさんについても本記事で言及があり、こちらも注目される受賞です。助演女優賞をアジア人が初めて獲得したのは、1957年の「サヨナラ」に出演した日本のナンシー梅木(梅木美代志/ミヨシ・ウメキ)さん。当時は、アジア人として初のアカデミー賞各賞の受賞でもありました。今回は、ユン・ヨジョンさんが半世紀以上の時を経て、アジアからの快挙を達成しました。

「ミナリ」は「あれ、これで終わり?」と感じる人が少なくないかもしれませんが、キリスト教文化や当時の韓国の移民送り出し国としての背景、米国における移民社会という視点からみていくと深い視点が織り込まれています。とりわけ、キリスト教文化の視点。「パラサイト」はある意味で分かりやすい話でしたので、今年は対照的な韓国映画がノミネートされていることも印象的です。

ユン・ヨジョンさんのようなアジアの超ベテラン俳優が最高峰の映画賞の一つを獲得したことも意義深い。彼女は1947年生まれで出身は現在の北朝鮮領の開城市。過去のアカデミー助演女優賞を獲得した最年長受賞者は77歳ですから、ほぼそれに近い年齢。人生、いくつになっても花を咲かせられるという

韓国映画とドラマシーンにおいて、数々の名作を彩ってきた名俳優です。出演作はwikipediaにあります。数が多く全て観きれているわけではありませんが、見た範囲では印象的なのは、「ハハハ」と「バッカスレディ」、「女優たち」でしょうか。主演を務めた「バッカスレディ」は衝撃作の一つだと思います。「女優たち」も他の出演者も含め、心温まる作品でした。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A8%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3

英語版はより詳しく経歴や出演作等の情報が書かれています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Youn_Yuh-jung

ユン・ヨジョンさんの経歴については、早速下記のような記事が出ています。
https://sg.asiatatler.com/society/minari-youn-yuh-jung-south-korea-first-oscar-nominated-actress
素晴らしい、快挙ですね!
ただ、個人的にはNomadlandよりMankやAnother Roundの方が “Oscar Worthy”と感じましたが。
より沢山の映画において、ディレクターに色々な人種やジェンダーアイデンティティの人が起用されるようになっていく必要がありますが、制作会社なども変わっていっていくことを期待します!
いつも感じていますが、メディアは人種に焦点を当てなくなる時こそ、人種差別がなくなる日かと思います。
ノマドランド、今のタイミングだと国内で上映している映画館は、池袋か錦糸町だけ…!
この発表を受けて、大手動画配信メディアが放映権を勝ち取る交渉を水面下で開始していそうです。

ジャオ監督は漫画の中だと幽遊白書がお好きということ。確かに幽遊白書はアメリカのCartoon Networkでもよくリピートされて放映されていた印象。アメリカ版ジャンプでも読んだことあります(アメリカ版ジャンプは本誌と関係なく構成され、タイムラグがあります)。
第93回アカデミー賞の監督賞は、「ノマドランド」の中国出身クロエ・ジャオ監督に決まりました。白人以外の女性監督の受賞は史上初の快挙となります!おめでとうございます!

クロエ・ジャオ監督は日本のマンガがお好きとも!『幽☆遊☆白書』が一番お気に入りで、「高校の時、私は『蔵馬』、友達は『飛影』と呼ばれていました」とお話しされたそうです。とっても嬉しいですね。
【「高校時代『幽☆遊☆白書』の蔵馬と呼ばれていた」ノマドランドでアカデミー監督賞・クロエジャオ監督】
https://newspicks.com/news/5798559

下記記事はご参照。
【監督賞は『ノマドランド』クロエ・ジャオ!アジア系女性監督初の快挙】
https://this.kiji.is/759219584394346496?c=113147194022725109
クロエ・ジャオ監督やりましたね。素晴らしい。淡々と、でも人間の心のヒダをくっきり描くのがいいんです。以前彼女が撮影したカーボーイのドキュメンタリー映画『ザ・ライダー』も佳い映画。amazon primeでご覧になれます。

東京を始めとするいくつかの都道府県の映画館はいま悔しいでしょう。『ミナリ』のユン・ヨジョンさんも助演女優賞を獲ったのに。
(別記事と同コメントです)
おめでとうございます!
助演女優賞のユン・ヨジョンといえば映画見たことないですが、私にとってはリアリティー番組の「ユン食堂」シリーズでおなじみです。ユン食堂のキャストは凄い。イ・ソジンはともかく、ユン・ヨジョン、パク・ソジュン、チョン・ユミなど超弩級のラインナップ。
素晴らしい、おめでとうございます。
米中間がいろいろとある中、米国内にてアジア人へのヘイトがある中、アカデミーの方々の多様性ある評価と実行と推進に敬意を表したいです。あらゆる事を発信し、群れよりも個へと変化しつつある世の中で、また新たな楽しみが生まれましたが、肝心の映画館がやってないですけど来月初旬まで辛抱ですね、
観たい映画のひとつ。
アカデミー賞獲ったら近所でも上映してくれるかな?

ストーリーにも興味あるし、アンドリュー・ワイエスを彷彿とさせる映像美も堪能したい…