新着Pick
438Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
参考にはなるが日本で同じ戦略が取れるブランドや小売りはほぼないのでは。メーカー、卸、小売りの出来上がった関係はなかなか変わらないのが現実。
リアル店舗のあり方が変わってきている。オムニチャネル化は当たり前のこととして、何を売るか、どのように売るかに話題はシフトしてきている。米国ではすでに新しい戦略への挑戦が始まっている。いずれにしても、小売業と誰しも思い浮かぶ形から脱却できたところが勝者になるだろうと思う。
デジタルに発達により一部のメーカー/ブランドの持つ顧客誘引力が高まり、小売がメーカーの商品を売ってあげる立場から、一緒に販売していくパートナーへと変革している点が面白い。メーカー視点でも変革や新しい挑戦の連続ですが、小売視点でも同じことが言えるでしょう。
NIKEが、アマゾンから2019年に撤退し、さらに、大手専門小売以外の小売店との取引を停止。一方、D2Cを強化。
この動きは、他のブランドでも出てくるのは間違いありません。
NIKEは様々なアプリ提供やD2C店舗での顧客接点の強化を推進し、流通チャネルの再編成を先駆けて進めています。例としてでているDicksのハウスオブスポーツのコンセプトにあるように、スポーツを軸としたコミュニティの場の提供を実現することが、今後の小売業に求められるようになると思います。
ブラジルでも数年前からグローバールブランドがD2C店舗を構えることが多くなりました。「リアルで発見して、オンラインで調べて、リアルで買う」という螺旋構造型の消費行動がここブラジルでも2−3年前から着々と増えて来ている。(ここ2ヶ月間はロックダウンでリアルで買うのは限られましたが・・・)
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
187 兆円

業績