新着Pick
77Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
『仕組みを用意して終わりじゃない。「見える化」と対話を繰り返し、繋がりの中で未来を開いていく。組織と事業の有機的関係を実現するにはそれが大事です』…とても共感できる内容でした。企画を担当する側の人間は、現況の問題だけではなく、未来を展望し、試行錯誤の末、新たな仕組みを構築する。その一方で、運用局面で関わる全ての利害関係者に対しては、構想や企画に求められた極めて高い熱量や、日夜問わず掛けられた膨大な工数と同等レベルで、変革を求めていることは稀であり、変革に必要となる仕組みを理解し、運用する状態になっていないのが実態だと思う。仕組みは、構築してから"終わり"ではなく、"始まり"である。熱量が必要なのは、変化の起点になる"始まり"であることは言うまでも無い。現場の変革活動に身を置いている自身の経験から、この部分において「聞く」と「聴く」が必要になるのは、至極納得できる。組織には感情がある。過去から積み重ねてきた複雑な感情に応える取組みには、それ相当な覚悟が必要になる。意識変容に働き掛ける"ベタ"なアナログなアプローチは無視できない。デジタル化が加速する中ではあるが、HUMAN FACTORを鑑み、それらを活かすデジタル化を考える必要があると改めて思う…。
「聴く」ことは、相手に対して肯定的な関心を持ち、共感するよう努めること。多様な価値観を認め合い仕事をしていく上では、重要になってきます。それにより構築される「信頼関係」が最も大切なことなのでしょう。
さんざん、言われている「聴く」こと。改めてそのことについて考えると、今だからこそ、大切にしなくてはならないことだと思いますし、実行していくことが何より大事だと感じます。人の意見を聴くことは、一旦、自分の価値観を横に置くことですね。それが出来るだけでも視点が多くなると思います。