新着Pick

iPS細胞から血小板作り投与する治療法 年内にも治験開始へ

NHKニュース
【NHK】京都市のベンチャー企業が進める、iPS細胞から血小板という血液の成分を作り出し患者に投与する治療法の治験の計画について、…
69Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「輸血」というと、赤い血である「赤血球」のことを思い浮かべられる方が多いかもしれませんが、血を固めるための細胞である「血小板」も輸血を必要としている方が数多くいらっしゃいます。

120日ほどの寿命がある赤血球と異なり、血小板の寿命は2週間弱と短いため、輸血の製剤を作ったときに長持ちしにくく、製剤が不足しがちです。

日本赤十字社の試算では、高齢化を背景として2027年に輸血の需要のピークを迎え、献血者が85万人ほど不足してしまうそうです。

このため、人工的に血小板を作る取り組みは、実現すれば輸血不足の課題解決に大きな役割を果たすと考えられます。
血小板は、輸血製剤の中でも期限が短く、不足しやすいものです。

血小板は核のない細胞なのでそのものは分裂したりしません。無核で腫瘍化の心配のない領域がやはり臨床応用としては早いですね。
産婦人科医として期待してしまいます。血小板輸血は血液製剤確保になかなか苦労しますから。
iPS細胞が世に発表された時、ちょうどこの議論を同僚としてました。素晴らしい!どんどんやって!