新着Pick
97Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国大型案件(USD建て案件)について、完全に
「a.アップサイドを積極的に取るための米国新規上場」
 × 「b.リスクヘッジとしての香港重複上場」
の組み合わせが1つの基本パターンになってきている
(米国で高く値付けして、香港への逃げ道も残す)

本記事はa.に焦点当てたものだが、当方集計(2021/3)
によると、b.もかなり進んでいることが分かる

つまり、時価総額100億USD超(1.1兆円超)の米国上場
中の中国企業29社のうち、80%は香港重複上場の対応済
・〇(重複上場済) 16社
・△(重複上場計画中 or 承認済) 8社
・─ (特に対応なし) 5社

これまで、a.もb.もfactを見ずに、ただただ「中国企業の
米国離れが進んでいる」という印象記事が多かったが、
本記事(原文)はfactベースで読む価値あると思いました

(追記)
そもそもこうした案件の投資家の多くは、直接的/間接的
に海外投資家(欧米/中東)であるため、彼らからしても
米国上場を望むのは寧ろ自然でしょう
(間接的=中国VCのUSD建てファンドの中核投資家も
 欧米の年金基金や中東系政府ファンド)
Factベースの議論重要ですね。
コロナ後に、多くの国で中国からの輸入は増えていて、
一般のイメージに反して、中国への依存度はたかまっていますよね。
世界経済が回復への軌道を描く中、世界の動きは連動性を再び高めています。政治の動きだけを見ていると、見間違えると思います。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン