新着Pick
3872Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本のエンゲージメントの低さに驚きます。人が幸福を感じる要素の一つに「なりたい自分への成長」だとよく言われ、仕事でのなりたい自分への成長=ジョブ型が加速していく時代ですね。

ハイブリッド型が上手く機能するには、しっかりとした透明性ある人事評価制度を再構築しなければいけない企業も多いのではと思います。特に「透明性」は大切です。

転職のタイミングは、ビジョン(あり方)を求めるとやがてやってくるもの。駆け出しの頃は望まない仕事だったとしても、ベストを尽くしていけば、必ず自己成長へ繋がるジョブ型の道は開きます。
このまま今の会社にいて良いのか、今の仕事/会社の将来性が心配だ……。就活/転職活動中だが、なんの仕事が自分に向くか決めきれない。副業兼業して、経済的自由や可能性を確保したい。

キャリアは会社ではなく、自分が決める時代──。
全ての人にとって、仕事との向き合い方が問われている今。本日から5日連続で、仕事の今と未来を切り取る特集を配信してゆきます。

初回の今日は、読みやすいインフォグラフィックスで、ジョブ型雇用が広がる今、どうやって自分に合う仕事を掴み取るべきか、豊富なデータや取材を基に展開してゆきます。

明日以降のラインナップ(予定)
2回目:【仕事の未来】今、あなたの仕事に起きている5つの大変化
3回目:【データ】その差20倍、職種別「転職しやすさ」ランキング
4回目:【データ解説】あの人の「前職」は。300人のキャリアパス図鑑 
5回目:【西口一希】20代、30代が身につけるべき「仕事の基礎体力」
どうぞ、最後までよろしくお願い致します。
学生が企業を選ぶ時の重視ポイントが「自分のやりたい仕事であること」だそうだが、残念ながら学生のうちに自分のやりたい仕事を外から見つけられるかは大いに疑問だし、企業内にも無数の仕事があるので、それで企業を選んでしまうと哀しいミスマッチが起こりそう。

「やりたい仕事」という静的で不動のものがどこかにあって与えられるわけではなく、目の前の仕事を主体的に楽しむことで動的かつ結果的にやりたい仕事にしていくという心構えの方が健全だし、何より日々が楽しいと思う。そしてそういう人に「やりたい仕事」が集まってくるという好循環なのではないかと。

経済や企業が成長しないと社内の機会創出は限定的なので、しばらく主体的にやってみて楽しめなければ環境を変えれば良いわけで。
求められるのは「株式会社・自分」。そのような想いを益々強くしています。これは、株主と対話するかのように、会社(上司)と対話しながら自身の人生を設計するために必須の思考だと思っています。

年齢ではなく職務に応じて給料が決まるのが当たり前になり、新卒から給与の差がつくのであれば、死に物狂いで勝負して一気にてっぺんを目指すのもよし。同時に、ある時期に「意図ある減給」の願いをこちらから申し出るのもよし。

これは、10年以上先を考えたら、今年は実務に追われているのではなく、専門を広げるために学びや探索活動に充てる期間にしたい...であれば、減給に直結する役職ダウンを願い出る。

参考になるのが、2010年代半ばのトヨタ自動車。「意志ある踊り場」と称して、中長期的な仕込み優先するために、次の1年間は売上も利益も伸び悩むとの業績見通しを堂々と表明しました。

企業が株主や金融機関に対してこのような意思表明をするなら、個人も意志を込めて減給を申し出る対話があってしかるべきです。
このような給与ダウンを含めた長期視点の申し出に対して、まったく理解を示さない上司がいたとしたら...
それは、企業経営で言うところの、短期視点しか持ち合わせないハゲタカの株主そのもの。いずれ転職した方がいいという判断基準になるでしょう。
ジョブ型という型もだが、僕はその背景にある意識がもっと大切なんじゃないかと思う。
現在多くは、会社が上位で、個人がそこに属する(つまり下位)という関係性。ジョブ型になっても、その意識は続く。

そうではなくて会社と個人は対等なのだ、と。
会社は個人の能力に対して、そして個人もその会社の能力や将来性に対して「等しく」契約することが重要だと思う。
どこかで「雇っている」「雇われている」という意識が働く限り、ジョブ型もすんなりいかないのでは?と私は思う。
仕事やキャリアを考えるうえでの総集編のような力強い記事。もっとも重要なのは、自分株式会社のオーナーシップを持つことだと思います。

これからの社会においては、労働ではなく仕事(さらにその先にある活動)、消費ではなく購買(さらにその先にある応援)が前提になってくる。真にやりたいコトを見つけ取り組み、真に応援したいモノ・コトにお金を使う世界。ときに「楽しい仕事が一種の商品となって買われる」こともあるでしょう。

まだ社会の移行期なので、真にやりたいことをやるために、早く自分の核となるスキルをつけて、自分の市場価値の8割がけくらいでベーシックインカムを整える。そのうえで2割の報酬を捨てるもしくは2割の時間を投下することで、「マタぎ」や「ズラし」の機会をつくることが重要になってくるのではないでしょうか。

最近の新卒のマーケットに触れていても、良い仕事の定義、報酬の意味がどんどん(良い方向に)変わってきているように思います。自分自身がサステナブルな働き方をするために、外的報酬(ないと不満をいだく)ではなく内的報酬(あると満足する)、働きやすさ(目に見えやすい)ではなく仕事のやりがい(目に見えにくい)を増やすことをオススメします。
これまでのように、会社に自分を選んでもらう時代は終わり。
一斉に就職活動をして、内定をもらって、というよりも、自分に価値を見出してくれる会社を自分から見つけることがカギだと思っている。そのためには自分の価値を客観的にとらえ、常に高めていく壮絶な努力が必要ということでもあるが。
私は海外の大学院を卒業し、さあこれから就職だ!と勇んだときには新卒の年齢制限にひっかかり日本企業はどこも門前払いだった。
「こんちくしょう!」と自分でレターとCV(履歴書)を門戸を開いていそうな外資系20社程度に送った。1年後には希望していた仕事に就いた。
Own your career!
個人として、一つの会社に入れば安泰という時代ではないので、個々人がスキルを身に着けていくことが重要。また、そういった意味で転職やキャリアチェンジをスキルの幅を広げる機会としてとらえることもできます。
一つには、いきなりの転職ではなくて、副業として何かをはじめ、軌道に乗ったら転職したり、二つの本業を持つ「複業」へと移行するというのも一つの選択肢になると思います。
日本人の仕事に対するやりがいが低い一因には、バブル崩壊後の経済政策運営を誤ったことで世界で唯一デフレに陥り、仕事を頑張っても経済的に報われにくい経済環境が続いたこともあるでしょう。
昔ハーバードのMBAとPhDまで行って悠々自適に暮らすアメリカ人の自由人なメンターに、残りの人生が1年だったらどうするか自問するといいと言われました。残り1日だったらみんな遊び呆けるけど1年あれば大抵のことは始められると。あまり難しく考えすぎずにとりあえず迷ったらGOです。これだけで人生は変わります。
この連載について
ジョブ型雇用が広がり、新卒においても、職種別採用や配属確約が定着してきた。市場からのニーズが高い仕事は、転職の誘いだけではなく副業の引き合いも殺到。片や時代の要請に合わせ、業務内容の変更を迫られる職種もある。では我々は、仕事とどう向き合い、キャリアを作ってゆくべきか。職種の今と未来を切り取る。