新着Pick
88Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
技術力の問題については、日本の製薬企業は、インフルエンザワクチンのような毎年集団接種等で使うものは作り続けるものの、(政府統制の)「日本でのワクチン価格」が安いことから「魅力的な市場でない」とし、ほとんどの大手企業はこの分野の新技術開発をやめていました。一方、世界市場を見据えた製薬企業は、感染症対策の重要性を認識しており、自社開発か、ベンチャー投資に力を入れていました。その差が出たと思います。

日本の医薬品市場の魅力のなさについて、政府の政策の方向性は明らかにコストダウンに偏っています。日本市場で元気が良いのは、ジェネリック薬メーカーですが、そのジェネリックメーカーを含め、毎年医薬品の政府設定価格がダウンする市場のため、製薬企業が育ちにくい環境になっています。

医薬品審査当局の審査の遅さについては、この指摘は以前からあり、事実ですが、新型コロナワクチンには当てはまりません。ファイザー社製のワクチンの認可では、日本国内での追加臨床試験~承認まで3カ月程度の迅速さで、これ以上のスピードを期待することは物理的に無理なくらい、迅速でした。

海外(米国を想定)では、「緊急使用許可」という制度があり、日本にはないということが指摘されていますが、「緊急使用許可」として使われている医薬品に、日本は依存しており、実質的に、緊急使用が認められていることとほとんど同義の恩恵を受けています。新型コロナワクチンでは、高い頻度で重篤・致死的な副反応が現れていないことは幸運ですが、大規模なデータがない「緊急使用」初期では、重篤な副反応が頻発する恐れさえありながら、犠牲を覚悟のうえでアクセルを踏むということを覚悟するということになります。緊急使用は伝家の宝刀ではありません。(制度としてはあったほうが良いでしょう)

臨床試験の環境については、日本は恵まれませんでした。それは、日本には感染者が少なかったという幸運があったからです。そのうえで、すでにワクチンが出来ましたので、偽薬とのテストで承認を得るという選択肢はなくなりました。誰が偽薬の接種を受けて、感染を待つのでしょうか?(対照が他のワクチンなら可能)日本には、誰でも安価に医療を受けられる恩恵から、治験ボランティアに進んで参加する人が少ないという問題も立ちはだかっています。
根本はmRNAワクチンのようなバイオ×データ処理の先端分野で国内勢が致命的に出遅れていること。バイオンテック・モデルナ共にウイルスの遺伝データ入手から数週間で基本設計を完了し、昨年前半には治験を始めていた。治験プロセスの改善でどうこうなるものではない
そもそも開発に関して世界大手とファイザーと比較することがナンセンス。
特例をつけて国内での治験を強行すればよかったのにな、とも個人的には思いますが、諸外国にも治験の打診されたとの事で、合わせて日本企業の世界に対する影響力の寂しさが表れたでしょうか。
>有効性や安全性を担保しつつ、国産ワクチン開発を加速する道はあるのか。

ない。日本に開発は無理だ、との前提に立ち、そこは欧米勢に任せ、欧米製薬会社の研究所と製造工場を税金優遇や補助金で誘致すべき。
またアメリカで認可されたワクチン・治療薬は日本での治験なしに緊急承認できるようすべき。
年寄りたちが規制と既得権益だらけの国にした罰ですね。前向きに捉えると、彼ら自身がコロナ死のリスクに震えて、初めてまともなイノベーションが起こる国に変われると思います