新着Pick
99Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
原子力増やさないと
46%削減は達成不可能です。
そういう意味では現実的な電源ミックス。
問題は、日本の社会が受け入れられるか。

地球温暖化への貢献というミッション
やそれに伴う産業創出が、
国民全体で共有され、
原発の負のイメージを
凌駕できるかにかかっていると思います。
当然、原発の安全性を充分担保することを
前提としてですが。

政治家に、
そういう夢を見させて
欲しいです。
原子力に関しては想定通りに再稼働できない場合に備えたプランBを考える必要があるのでは。また 2030年以降を見据え、核融合の商業化に今から取り組む必要があるのでは。
- 新規制基準により、原発の安全性が高められたこと
- 核のゴミの処分地の選定に前進があったこと
- 再エネだけでは脱炭素が難しいこと
を丁寧に広報する必要があります。
何を言ってるんだろうと、ずっと疑問しかない。子どもや孫の世代にどんな宿題を残すかといったときに、二酸化炭素と放射性廃棄物で、放射性廃棄物を残そうという判断が理解できず。石油・石炭発電も技術力が上がって以前よりは発電効率が上がっていると聞く。もっと現実的なエネルギーミックスを考えられないんだろうか。
100年後には、再エネや蓄電技術が進化し、各国が地政学的な特徴に沿ってもっとも効率的な発電方法を各地域で採用しているんじゃないか。その時に、地震大国日本の地政学的な特徴を活かす発電方法は原子力じゃないと思うんですが…自ら使わない原子力の技術を売って、再エネや蓄電の技術を買うんだろうか。
CO2削減という世界の潮流への同調と、短期的な産業競争力の保全という、局所だけを見た判断に思えてしまう。
佐賀県玄海町の風車と原発の写真。これは象徴的。原子力をどれくらい使うのかは今後の大きな課題になってくると思います。ただ、ベースロード電源や脱炭素を考えた時、私たちの生活コストを上げることなく、日本の持てる発電源の選択肢はそう多くないとも思います。
電力だけでマイナス46%を実現しようとしたら、現在75%くらいある火力発電をゼロにしないといけないレベル。電力のゼロエミ50%の大変だが、他のセクターはもっと大変。
再エネと原子力併せて50%超、という記載に再エネ40%を主張し意見が合わない環境省とのあれやこれやを感じる。小型原発など既存のものとはほぼ別物と言える技術もあるが、刷り込まれた不信感を払しょくするのは容易ではない。