新着Pick
579Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
3度目の緊急事態宣言が発出され、奇しくも本日から適用開始となりましたね。

政府の「出勤者を前年並みの7割減に」という要請にあわせてリモートワークをあらためて開始する、という方もいらっしゃるでしょう。この4月から新しい会社や部門の所属となったような方にとっては、とりわけチャレンジに思えるかもしれません。

リモートワークにおいては、一人ひとりが自律的であることが求められます。

糸井重里さんの「インターネット的」ではないですが、それは、ある意味で「フリーランス的」な状態ともいえます。自由と責任がセットとなっており、自分の成果や成長に直接向き合わなければならない世界。

待っているだけで、そこにいるだけで、成長の機会やチャンスが転がっているわけではない。あえて別部門のリーダー≒ななめ上の先輩にDMしてオンラインで1on1してもらうとか、一例ですが、そういうアクションが求められていくのではないでしょうか。

また、業務はDXに対応しても、チームの結束やメンバーの育成、「お疲れ様」「乾杯」といった短い言葉で成立していた感情の共有などは、簡単にオンラインで代替できるものではありません。

そんなことに悩むリーダーの方々にとっても、少しでも今後へのヒントや気づきがあればと思っております。前回に引き続き、ぜひご一読くださいませ!
個人的に、リモートワークの一番の課題は「成長が遅くなる」ことだと感じます。ある程度経験を積んだ人は、自走できるために、むしろ業務が効率的になる。一方でまだ業務をキャッチアップしている段階の人は、先輩社員から直接教えを受けたり、背中を見る機会が減るために、なかなか難しい状況になっていることと思います。今回、曽根さんに、こうした課題に対する対処法を提示いただきました。
“仕事と家庭のメリハリをつける難しさが課題”

1年以上リモートワークを行い、慣れた頃にこの課題に直面するとは思ってなかったので驚きです。やはり「おつかれさま」という「業務終了の合言葉」がどれだけ意味をなしていたのか、今になって気付きました。
リモートワークだと通勤や退勤の時間がないからオンオフが出来ないという人もいますが、自分で何か決めてしまえばいい。私は退勤を押したらPCはシャットダウンし、娘と散歩して風呂に入る、健全なリセット方法です。
4象限の表がまさにですが、リモートワークが普及して、リモートワークをうまく活用できている会社とそうでない会社で圧倒的に生産性が変わっていると感じます。
リモートワークと出社、それぞれの良い悪いを理解し運用する。
これが令和時代の働き方改革なのかもしれないですね。
ここが課題の本質的な部分ですね。

(以下、記事中から引用)
しかしリモートワークが前提になると、個人の仕事は効率的に進められる一方で、偶発的な出来事は激減します。オンラインでも、こうした偶発性を担保することはできるでしょうか。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ウィンセッション、いいですね。
この連載について
教養を身につけたいけども、忙しすぎて学ぶ時間が取れない。一方で、日々のニュースだけでは、体系的な知識を得られない──。そんなビジネスパーソンに向けて、NewsPicks編集部が月ごとにテーマを設定し、専門家による解説記事をお届けする。週末のひとときで、手軽に「新書一冊分の知識」を体得してほしい。